マダガスカルの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マダガスカルの国旗
マダガスカルの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 2:3
制定日 1958年10月14日
使用色
テンプレートを表示

マダガスカル国旗フランス語:Drapeau de Madagascar�)は、独立の2年前、1958年10月14日に制定。国民投票によって決められた。白と赤の配色は、マダガスカルの大部分を支配していたメリナ王国の最後の支配者であるラナバロナ三世の時代のメリナ王国旗としても使用されていた。白と赤は、メリナ人のルーツとも言われる[誰によって?]インドネシアの国旗と同じルーツであると言われている[誰によって?]。緑は、海岸地方に住み、独立後に政治の中央部を占めることになったベツィミサラカ人の色である。

三色で自由・愛国・進歩を表しているとも言われる[誰によって?]

歴史的な旗[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]