ジンバブエの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジンバブエの国旗
ジンバブエの旗
用途及び属性 政府陸上、市民海上?
縦横比 1:2
制定日 1980年4月18日
使用色
テンプレートを表示

ジンバブエ国旗は、1980年4月18日に制定された旗。

ジンバブエの歴史の象徴であるソープストーン彫刻の鳥(大ジンバブエ鳥)が描かれている。この鳥はジンバブエ中央部に位置するグレート・ジンバブエ遺跡ユネスコ世界遺産にも登録されている)で発掘された彫像(「チャプング」という)を表しており、国家の統合と栄光のシンボルである。その背景の赤い星は、自由と平和を勝ち取った苦闘を示している。

国旗に使用されている色については、

をそれぞれ象徴していると公式にはされている。

ただし一説には、上記の色はロバート・ムガベ率いる与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線英語版(ZANU-PF)の旗からとられたともいわれている[1][2]

ジンバブエ・ローデシア[編集]

ジンバブエ・ローデシア1979年6月1日から1980年4月18日まで使用された国名で、白人主導で人種差別政策を進めるローデシア共和国内で黒人国家の樹立を争った際、1978年イアン・スミス首相と黒人指導者の内部合意 (Internal Settlement) に基づく名前である。その際の国旗として使用されたものが、現在の国旗の元になった旗である。

歴史的な旗[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 辻原康夫「徹底図解 世界の国旗」新星出版社 2007年。
  2. ^ 苅安望「世界の国旗と国章大図鑑」平凡社 2003年。

関連項目[編集]