モーリシャスの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モーリシャスの国旗
モーリシャスの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上?
縦横比 2:3
制定日 1968年3月12日
使用色
テンプレートを表示

モーリシャス国旗(モーリシャスのこっき)は、1968年の独立時に採用された横四色旗

フランス語でLes Quatre Bandes、「四本の線」という別称もある。

赤は自由と独立の為の戦い、青はインド洋、黄は独立による新たな光、緑はモーリシャスの一年を通した農業の色を表す[1]。これらの色は国章から採ったものである。

市民用と政府用の海上旗は、赤或は青を背景とし、陸上旗をカントンに、フライに国章を置いたものである。

軍隊用海上旗は、左右に赤・白・青の縦縞を、中央に錨と鍵の紋章を配したものである。

歴史[編集]

参考文献[編集]

  • 苅安望『二訂版 世界の国旗と国章大図鑑』、2006年 (ISBN 4-582-40728-5)、73頁。

関連項目[編集]