マラウイの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マラウイの国旗
マラウイの旗
用途及び属性 政府・軍隊陸上、市民・政府海上?
縦横比 2:3
制定日 1964年7月6日
2012年5月28日(再制定)
使用色
テンプレートを表示

マラウイ国旗1964年7月6日に制定された、黒・赤・緑の三色旗に赤い半円の太陽を置いたもの。2010年から2012年の間は赤・黒・緑の中に白い円の太陽というものであったが、2012年5月28日に差し戻された[1]

マラウイ独立時はアフリカ諸国が独立を開始していた時期で、太陽日の出を、アフリカ大陸希望自由夜明けを表し、また黒はアフリカの国民を、赤は自由のための殉教者を、緑はマラウイの自然を表す。

国旗変更の経緯[編集]

2009年5月19日に行われた国民議会選挙で勝利した民主進歩党は、新たな国旗案を提出した。新国旗案は、黒・赤・緑の順番であった三色の配置を変更し、汎アフリカ旗 (世界黒人開発協会アフリカ社会連合の旗) と同じ赤・黒・緑の順番に、昇る半円の赤い太陽に代わり、独立以来の経済発展を表す白い円の太陽が中央に配置された[2]。 これに対し、統一民主戦線は国旗変更に反対したが[3]2010年7月29日、当時の大統領ビング・ワ・ムタリカが国旗の変更を支持し、承認された[4]

しかし、2012年4月5日にムタリカが心臓発作により死去すると、大統領に昇格したジョイス・バンダの下、議会での投票により、独立当初の旗が再度採用されることになった[5]

歴史的な旗[編集]

出典[編集]

  1. ^ Malawi reverts to old flag - Times LIVE”. 2012年6月2日閲覧。
  2. ^ The proposed new Malawi national flag Archived 2010年6月19日, at the Wayback Machine., Nyasa Times
  3. ^ Flag change to be challenged in court Archived 2011年7月22日, at the Wayback Machine., Nyasa Times
  4. ^ Bingu endorses new Flag Bill Archived 2011年7月23日, at the Wayback Machine.
  5. ^ Malawi Parliament approves to revert to original flag - NyasaTimes”. 2012年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月2日閲覧。

関連項目[編集]