モーリタニアの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モーリタニアの国旗
モーリタニアの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 2:3
制定日 2017年8月15日
使用色
テンプレートを表示
旧国旗(1959年 - 2017年)

モーリタニア国旗(モーリタニアのこっき)は、地に黄色三日月があしらわれ、上下に赤い帯が入っている(なおこの3色は汎アフリカ色とされている)。現行のデザインは2017年8月5日に実施された憲法改正で決定され、8月15日に採択されたものである[1][2]

前国旗は1959年3月22日にモーリタニア憲法第5条で定められ、4月1日に制定された。翌1960年11月の独立で正式にモーリタニア国旗となった。

三日月と星はこの国の主要な宗教であるイスラム教のシンボルである。緑はイスラム教を象徴し、黄色はサハラ砂漠を表している。国土の大半を占めるサハラ砂漠を緑化したいという強い希望を示している。

脚注[編集]

  1. ^ MAURITANIE: UN RÉFÉRENDUM POUR SUPPRIMER LE SÉNAT, CHANGER DE DRAPEAU ET D’HYMNE” (2016年4月11日). 2017年8月8日閲覧。
  2. ^ Mauritania votes on controversial constitutional reform”. アルジャジーラ (2017年8月6日). 2017年8月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]