アンゴラの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンゴラの国旗
アンゴラの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 2:3
制定日 1975年
使用色
テンプレートを表示

アンゴラ国旗(アンゴラのこっき)は、独立時の1975年に制定された。独立時の主要勢力であるアンゴラ解放人民運動(MPLA)の政党旗と同様に赤と黒の二色を下地にしている。黒はアフリカ大陸、赤は独立運動中に流されたアンゴラ人のを表している。のついた歯車(ナタ)は、労働者の象徴であり、ソビエト連邦の旗の鎌と槌の意匠に似せたもので、社会主義の象徴である。ポルトガル統治時代は、ポルトガルの国旗が掲げられた。 2003年に新しい国旗が提案されたが、まだ承認されず、正式導入されていない。

歴史的な旗[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]