国富

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国富(こくふ)とは、国民全体が保有する資産から負債を差し引いた正味資産。ストック統計の1つである。自然災害戦争、その他の出来事によって国富が減少することを「国富の喪失」という。

国富は再生産可能な生産資産である「在庫」、「有形固定資産(住宅・建物、構築物、機械・設備、耐久消費財など)」、「無形固定資産(コンピュータソフトウェア)」と、「非生産資産(土地、地下資源、漁場など)」を足し合わせたものに「対外純資産」を加減して求められる。国民総資産から総負債を差し引いたものと同じとなる[1]。日本の正味資産としての国富は、この10年ほど概ね3000兆円前後で推移している[2][3]

計算基準には国連1968年に定めた687SNA基準、後に改定された687SNA2000年基準、687SNA2005年基準があるが、いずれも無形の文化資本などは勘定に入らない。また、土地の価格(地価)によって国富は大きく変動する。バブル期には地価の急上昇にともなって国富も大幅に増加した。土地総額が国富に占める割合は、1989年のバブル末期では7割近く、2006年末では5割近くとなっている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 平成23年度国民経済計算確報(ストック編)ポイント - 内閣府経済社会総合研究所国民経済計算部(平成25年1月18日)
  2. ^ 国富の推移
  3. ^ ストックから見た日本経済の課題~求められる投資効率の改善~ニッセイ基礎研究所 専務理事櫨(はじ)浩一 - ニッセイ基礎研所報 Vol.58 June 2014(Page1-6)。
  4. ^ 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる 最新経済のしくみ-マクロ経済からミクロ経済まで素朴な疑問を一発解消(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2008年、230頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]