クリス・ヤング (外野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・ヤング
Chris Young
ボストン・レッドソックス #30
Chris Young (34080672521).jpg
2017年4月22日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
生年月日 (1983-09-05) 1983年9月5日(34歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2001年 ドラフト16巡目(全体493位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名
初出場 2006年8月18日 サンディエゴ・パドレス
年俸 $6,500,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・ブランドン・ヤングChristopher Brandon Young , 1983年9月5日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。現在はMLBボストン・レッドソックスに所属している。愛称はCY[2]

経歴[編集]

プロ入りとホワイトソックス傘下時代[編集]

2001年6月5日MLBドラフト16巡目(全体493位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名を受け、8月19日に契約成立。この年はプレーしなかった。

2002年からルーキー級アリゾナリーグ・ホワイトソックスでプロとしてのキャリアをスタートさせる。55試合に出場の上、ベースボール・アメリカ誌の有望株リストでは、アリゾナリーグの13位にランクされた[3]

2003年は、ルーキー級ブリストル・ホワイトソックスで69安打(4位)・21盗塁(2位)等をマークし、アパラチアンリーグのオールスターに出場[3]

2004年、A級カナポリス・インティミデイターズで24本塁打(6位)・66四球(2位)・出塁率.365(7位)・31盗塁(2位)など好成績を挙げ、ホワイトソックスの有望株リストで9位にランクされ、ベスト・アスリートにも選ばれた[3]

2005年、AA級バーミンガム・バロンズで126試合打率.277 ・ 26本塁打 ・ 77打点出塁率.377 ・ OPS.922 ・ 32盗塁と言うハイレベルな数字を叩き出し、7月10日にはオールスター・フューチャーズゲームに出場。ベースボール・アメリカ誌のマイナーリーグ・オールスター代表チームにも選出され[4]、ホワイトソックスのマイナーリーグ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。また、有望株リストでは6位にランクされ、ベスト・アスリートとファステスト・ベースランナーに挙げられている[3]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

アリゾナ・ダイヤモンドバックス時代

2005年12月20日ハビアー・バスケスとのトレードで、オーランド・ヘルナンデスと共にアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍。

2006年は、AAA級にステップアップ。100試合 ・ 打率.276 ・ 21本塁打 ・ 77打点 ・ 出塁率.363 ・ OPS.895 ・ 17盗塁と順調に成長を続けた。8月18日に、メジャー初昇格を果たす。同日、サンディエゴ・パドレス戦で八番・中堅手としてスタメン起用されメジャー・デビュー。8回表にウッディ・ウィリアムズ投手からキャリア初安打となるセンター前ヒットを放った(3打数1安打1得点)。更に、23日にはジェイソン・シュミット投手からキャリア初本塁打となる2点本塁打を、9月2日ワシントン・ナショナルズ戦では3安打5打点を叩き出すなど[5][6]、30試合に出場して経験を積んだ。シーズン終了後、ベースボール・アメリカ誌のマイナーリーグ・オールスター2ndチームに選出された[4]他、ダイヤモンドバックスの有望株リストで2位にランクされ、ベスト・ディフェンシブ・アウトフィルダーに選ばれる[7]

2007年は開幕から中堅手のポジションを確保し、打率は.237と低いものの、先頭打者本塁打9本(両リーグ最多、MLB歴代5位タイ)、6月5日と同19日はサヨナラ本塁打を放つなど計32本塁打(リーグ10位)、68打点。後半戦からは一番打者に抜擢され、前半戦9盗塁に対して後半戦は18盗塁と、走塁にも積極性が出て来た。新人選手が30本塁打、20盗塁をクリアしたのはノマー・ガルシアパーラ(30本塁打、22盗塁、1997年)に続いてMLB史上二人目。30本塁打、25盗塁は史上初。85得点、29二塁打、32本塁打、64長打、長打率.467、27盗塁は球団新人記録[8]。地区優勝の原動力として活躍し、 シカゴ・カブスとのプレーオフでも2発放つなど、ボブ・メルビン監督を「攻撃の幅が広がった」と喜ばせた[9]ナショナルリーグルーキー・オブ・ザ・イヤー投票では10ポイントを獲得、4位に食い込むなど、飛躍のシーズンとなった。

2008年4月8日2013年までの5年2800万ドルの契約を締結。2014年は1100万ドルのオプションとされた。開幕当初は一番打者として起用されていたが、5月31日の時点で打率.238、出塁率.327。6月以降は打順を下げられることが多くなった。前年比本塁打と盗塁はダウンしたが、二塁打と三塁打はアップして、それぞれリーグ7位と6位。前半戦打率.228、出塁率.296、OPS.697に対して後半戦は打率.278、出塁率.343、OPS.851と尻上がりに調子を上げた。8月16日と9月21日には3安打4打点[10][11]。本人は、「今季の成長過程にはおおむね満足している」とシーズンを振り返った[12]

2009年は大不振に陥り、打率は.212にとどまった。また、2年連続でクリアしていた20本塁打にも届かず、打点も前年の85から半減以下となる42に留まるなど、レギュラー定着以降で最低の打撃成績に終わった。

2010年は復活を果たした。本塁打は2年ぶりに20本をクリアし、打率と打点は自己ベストの数字をマーク。また、成績面で最も顕著な変化が現れたのは出塁率。それまでは.320にさえ届いていなかった数字が.341まで大きく伸びているが、これは出塁率に影響を及ぼす四球数で、それまでの自己記録に、12四球も上積み(2010年までの記録は62だったが、2010年は74四球を記録)したからである。

2011年は打率こそ下がったが、四球が2年連続で自己最多を更新し、前年に続いて20本塁打&20盗塁をクリアした。

2012年は4月に肩を痛めた影響で101試合の出場に留まった。

オークランド・アスレチックス時代
(2013年8月24日)

アスレチックス時代[編集]

2012年10月20日マイアミ・マーリンズも絡んだ三角トレードによってオークランド・アスレチックスへと移籍した。これにより、4シーズンぶりにボブ・メルビン監督の下でプレーすることになった[13]

2013年11月1日FAとなった。

メッツ時代[編集]

2013年11月22日に、ニューヨーク・メッツと1年総額750万ドルで契約を結び[14]11月26日に正式発表した[15]

2014年は開幕から88試合に出場したが、打率.205・8本塁打・28打点・7盗塁と結果を残せず、8月9日DFAとなった[16]

ヤンキース時代[編集]

2014年8月27日ニューヨーク・ヤンキースと契約を結んだ。移籍後は23試合に出場し、打率.282・3本塁打・10打点・OPS0.876・1盗塁という一定の成績を残した。ニューヨークの2チームで計111試合に出場し、8年連続となる2桁本塁打を記録、通算150本塁打を達成した。

2015年は、ブレット・ガードナージャコビー・エルズベリーカルロス・ベルトランと、外野の3ポジションのレギュラーが決まっていた為、リザーブ外野手としてプレーしたが、自身4シーズンぶりとなる140試合以上 (140ちょうど) に出場し、コンスタントに出番を与えられた。打撃面では、打率が5年ぶりに.250を超えたほか、9年連続2桁本塁打となる14本の本塁打を放った。外野守備では、76試合で右翼手を、55試合で左翼手を、15試合で中堅手を守った。11月2日にFAとなった[17]

レッドソックス時代[編集]

2015年12月2日ボストン・レッドソックスと2年契約を結んだ[18]

2016年はリザーブ外野手として起用されたが、ルーキーイヤー以来10年ぶりの100未満となる76試合の出場だった。しかしながら打撃面では好調を維持し、打率.276・出塁率.352・OPS0.850は、いずれも自己最高の数値だった。外野守備ではレフトを守る機会が圧倒的に多く、63試合で無失策・DRS - 3という成績をマーク。センターとライトは、いずれも3試合ずつだった。

2017年はディビジョンシリーズのロースターには当初は外れていたが、怪我で離脱したエドゥアルド・ヌニェスに代わって登録された[19]

プレースタイル[編集]

ベースボール・アメリカ誌の有望株リストでは、2006年版23位・2007年版12位にランクされている[20]、最高水準のスピードとパワーを兼備する核弾頭。調子が上がると固め打ちをするタイプで、中軸を打たせる構想もあるが、本人はリードオフの座にこだわりがある。また、中堅の守備でも俊足を飛ばし、広大な守備範囲を誇る。抜群の身体能力を有するが故に、少々それに頼りすぎる嫌いがあるものの、「基本的な技術を習得すればスター選手にも成り得る」と目されている[21][22][23][24]。スピードとパワーを両立するアスリートで、2007年に新人選手としては史上初となる30本塁打、25盗塁を達成した。

マイナー5年間の通算成績は、打率.267・出塁率.358・OPS.859・108盗塁(成功率76%)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 ARI 30 78 70 10 17 4 0 2 27 10 2 1 0 1 6 0 1 12 0 .243 .308 .386 .693
2007 148 624 569 85 135 29 3 32 266 68 27 6 1 5 43 1 6 141 5 .237 .295 .467 .763
2008 160 699 625 85 155 42 7 22 277 85 14 5 6 5 62 2 1 165 10 .248 .315 .443 .758
2009 134 501 433 54 92 28 4 15 173 42 11 4 3 2 59 2 4 133 3 .212 .311 .400 .711
2010 156 664 584 94 150 33 0 27 264 91 28 7 1 3 74 0 2 145 10 .257 .341 .452 .793
2011 156 659 567 89 134 38 3 20 238 71 22 9 1 7 80 4 4 139 3 .236 .331 .420 .751
2012 101 363 325 36 75 24 0 14 141 41 8 3 0 0 36 0 2 79 4 .231 .311 .434 .745
2013 OAK 107 375 335 46 67 18 3 12 127 40 10 3 0 2 36 3 2 93 7 .200 .280 .379 .659
2014 NYM 88 287 254 31 52 12 0 8 88 28 7 3 1 3 25 2 4 54 3 .205 .283 .346 .630
NYY 23 79 71 9 20 8 0 3 37 10 1 0 0 0 7 0 1 16 0 .282 .354 .521 .876
'14計 111 366 325 40 72 20 0 11 125 38 8 3 1 3 32 2 5 70 3 .222 .299 .385 .683
2015 140 356 318 53 80 20 1 14 144 42 3 1 3 2 30 2 3 73 6 .252 .320 .453 .773
2016 BOS 76 227 203 29 56 18 0 9 101 24 4 2 0 0 21 0 3 50 4 .276 .352 .498 .850
通算:11年 1319 4912 4354 621 1033 274 21 178 1883 552 137 44 16 30 479 16 33 1100 55 .237 .316 .432 .748
  • 2016年度シーズン終了時。

記録[編集]

背番号[編集]

  • 24 (2006年 - 2012年、2014年途中 - 2015年)
  • 25 (2013年)
  • 1 (2014年 - 同年途中)
  • 30 (2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Chris Young Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月27日閲覧。
  2. ^ Red Sox Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月6日閲覧
  3. ^ a b c d Highlights:2001 - 2006 . Awards/Honors:” (英語). MiLB.com. 2008年4月8日閲覧。
  4. ^ a b Chris Young Awards” (英語). The Baseball Cube. 2008年12月17日閲覧。
  5. ^ 2006 Career Highlights:” (英語). dbacks.com. 2008年12月17日閲覧。
  6. ^ Chris Young 2006 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference. 2008年12月17日閲覧。
  7. ^ Will Lingo (2007年2月13日). “Top 10 Prospects: Arizona Diamondbacks” (英語). BaseballAmerica.com. 2008年4月9日閲覧。
  8. ^ 2007 Career Highlights:” (英語). dbacks.com. 2008年12月17日閲覧。
  9. ^ 『月刊スラッガー 2007年12月号』 34頁。
  10. ^ Chris Young 2008 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference. 2008年12月17日閲覧。
  11. ^ 2008 Batting Splits” (英語). ESPN. 2008年12月17日閲覧。
  12. ^ 「2008 通信簿 file:226-500」 『月刊スラッガー No.128 , 2008年12月号』 日本スポーツ企画出版社、80頁。
  13. ^ Zach Links (2012年10月20日). “D'Backs Acquire Heath Bell In Three-Team Deal”. MLB Trade Rumors. 2015年12月3日閲覧。
  14. ^ Anthony DiComo (2013年11月22日). “Mets sign ex-A's outfielder Young to one-year deal”. MLB.com. http://m.mets.mlb.com/news/article/64128270 2015年12月3日閲覧。 
  15. ^ “Mets sign outfielder Chris Young”. Mets Press Release. MLB.com. (2013年11月26日). http://m.mets.mlb.com/news/article/64234142 2015年12月3日閲覧。 
  16. ^ “den Dekker promoted, C. Young designated”. Mets Press Release. MLB.com. (2014年8月9日). http://m.mets.mlb.com/news/article/88629862 2015年12月3日閲覧。 
  17. ^ Transactions | yankees.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2015年11月3日閲覧。
  18. ^ Ian Browne (2015年12月2日). “Young excited to join Red Sox, signs 2-year deal” (英語). MLB.com. 2015年12月3日閲覧。
  19. ^ Nunez aggravates knee, out for ALDS, ALCS MLB.com (英語) (2017年10月6日) 2017年10月7日閲覧
  20. ^ All-Time Top 100 Prospects” (英語). Baseball America (2007年2月28日). 2008年4月9日閲覧。
  21. ^ Chris_B. Young - Pecota” (英語). BaseballProspectus.com. 2008年4月9日閲覧。
  22. ^ Chris Young - Scouting Report” (英語). sportsnet.ca. 2008年4月9日閲覧。
  23. ^ 『月刊スラッガー』2008年4月号、日本スポーツ企画出版社、 82-83頁。
  24. ^ 『ウェルカム・メジャーリーグ 2008』 白夜書房〈白夜ムック 315〉、202-205頁。ISBN 978-4861913983

関連項目[編集]

外部リンク[編集]