Text Services Framework

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Text Services Framework (TSF)は、Microsoft WindowsインプットメソッドAPIであるInput Method Manager (IMM32) の後継となる汎用テキスト入力フレームワークである。Windows XP以降で標準搭載されているほか、それ以前のWindowsでもOffice XPの導入に伴ってインストールされる。あるいはTSF単独のインストールも可能である[1]。TSFはキーボード入力だけでなく手書き文字認識音声認識にも対応し、多言語入力、スペルチェック、その他の自然言語処理をサポートする。

TSFに対応する入力エンジンはTIP (Text Input Processor) と呼ばれる。現在[いつ?]入手できるTIPにはMicrosoft IMEATOK2011、Social IMEWinAnthyskkimeなどがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マイクロソフト (2001年4月12日). “Platform SDK Redistributable: Microsoft Windows Text Services Framework Redist files” (英語). Microsoft Download Center. 2008年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]