iBus

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
iBus
Ibus-anthy-on-gedit.png
gedit上でiBusとibus-anthyを使って日本語を入力している画面
開発元 Shawn. P. Huangなど
最新版 1.5.1 - 2012年12月11日(20か月前) (2012-12-11[±]
対応OS Unix系
種別 インプットメソッド
ライセンス GNU Lesser General Public License
公式サイト http://code.google.com/p/ibus/
テンプレートを表示

iBus(アイバス、Intelligent Input Bus)はUnix系OSにおけるインプットメソッドフレームワークである。scim-python(SCIMPythonラッパー)の作者で、レッドハットに在籍するHuang Pengをプロジェクトリーダーとして開発が行われており、FedoraUbuntuではSCIMに代わって標準のインプットメソッドフレームワークとして採用されている。

iBusは初期のバージョンはPythonで書かれたが、後にコアはCで書き直されており、標準でCとPythonの言語バインディングを提供する。クライアント・サーバ方式を採用しており、プロセス間通信にはD-Busが用いられている。各コンポーネントを別プロセスで動作させることでモジュール性と安定性を高めている。

現在は、ibus-anthyをはじめ、様々なインプットメソッドが利用可能である。

外部リンク[編集]