Fcitx

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fcitx
Fcitx.png
Mousepadエディタ上でFcitxを使って入力している画面
開発元 Yuking, CSSlayerなど
対応OS Unix系
種別 インプットメソッド
ライセンス GNU General Public License(例外条項付き)
公式サイト https://fcitx-im.org/wiki/Fcitx
https://code.google.com/p/fcitx/
テンプレートを表示

Fcitx[ˈfaɪtɪks])はUnix系OSにおけるインプットメソッドフレームワークである。中国語名は「小企鵝輸入法」(「小企鵝」はリトルペンギンの意)[1]。元々はフレームワークではなくX11上で動作する簡体字中国語のXIMサーバとして開発された。現在ではUTF-8GBKGB18030などの文字コードをサポートし、XIMプロトコルやGTK+およびQtのインプットメソッドモジュールに対応している。また、中国語用のみならず日本語用や韓国語用など様々なインプットメソッドエンジンが利用可能となっている。

歴史[編集]

2002年にX11上で動作する五筆字型輸入法のインプットメソッドgWubiとして作られた。その後はピン音入力などのサポートが加わり、翌2003年には"Free Chinese Input Tool of X"を略したFcitxという名称に改められた[1]

バージョン3.6以前のFcitxは内部的にはGBKエンコーディングが使用されていたが、4.0からUTF-8に変更された。バージョン4.1からはモジュール化がなされ、Androidから移植されたGoogle Pinyinや、fbterm、KDEのサポートが加わった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]