Network Driver Interface Specification

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Network Driver Interface Specification (NDIS) は、ネットワークカードのためのAPIの一種である。マイクロソフトスリーコムが共同で開発し、主に Microsoft Windows で使われているが、オープンソースNdisWrapper や Project Evil のドライバラッパーにより、NDIS準拠のネットワークカードの多くが LinuxFreeBSD で利用可能となっている。BeOS から派生した ZETA はいくつかの NDIS ドライバをサポートしている。

NDIS はOSI参照モデルにおけるデータリンク層(7層のうちの第2層)の上側のサブレイヤーである論理リンク制御 (LLC) に相当し、第2層と第3層(ネットワーク層)の間のインタフェースとして機能する。下側のサブレイヤーは 媒体アクセス制御 (MAC) デバイスドライバである。

NDIS はラッパー (wrapper) と呼ばれる機能群のライブラリであり、下位のハードウェアの複雑さを隠蔽し、第3層のネットワークプロトコルドライバとハードウェアレベルのMACドライバに標準化されたインタフェースを提供する。同様な LLC 機能を提供するものとして Open Data-Link Interface (ODI) がある。

Wireless Zero Configuration (WZC) のコンポーネントとして、 NDIS User Mode I/O (NDISUIO) プロトコルドライバがある。これはマイクロソフト製のドライバで Windows XP に含まれている。通常、IEEE 802.3ドライバ(ミニポート)と共にインストールされる。

各 Windows のバージョンでサポートされている NDIS バージョンは以下の通り。

  • NDIS 2.0: MS-DOS, Windows for Workgroups 3.1
  • NDIS 3.0: Windows for Workgroups 3.11, NT 3.5
  • NDIS 3.1: Windows 95
  • NDIS 4.0: Windows 95 OSR2, NT 4.0
  • NDIS 4.1: Windows 98, NT 4.0 SP3
  • NDIS 5.0: Windows 98 SE, Me, 2000
  • NDIS 5.1: Windows XP
  • NDIS 5.2: Windows Server 2003
  • NDIS 6.0: Windows Vista
  • NDIS 6.1: Windows Vista SP1, Server 2008
  • NDIS 6.2: Windows 7, Server 2008 R2
  • NDIS 6.3: Windows 8, Server 2012
  • NDIS 6.4: Windows 8.1, Server 2012 R2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]