Windows Image Acquisition

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WIA(ダブリュ・アイ・エー)は、Windows Image Acquisitionの略であり、Windowsイメージスキャナなどから画像を入力するための技術標準の一つである(API)。

USBIEEE 1394を介してデジタルカメライメージスキャナパソコンに接続すると、自動的に認識して画像を取り込むといった機能がある。

TWAINに代わるものとして、2000年Windows Meから採用されていて、以後のWindowsのバージョンで使用されている。

関連項目[編集]