SEPECAT ジャギュア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SEPECAT ジャギュア

インド空軍のジャギュア攻撃機

インド空軍のジャギュア攻撃機

SEPECAT ジャギュア(SEPECAT Jaguar)は、イギリスフランスが共同開発した訓練機および攻撃機。名称の由来は、日本語ジャガーと呼ばれる動物だが、この訓練・攻撃機を指す場合は、ジャギュアと表記される。イギリス英語でジャギュア(発音 [ˈdʒægyuər])、アメリカ英語ではジャグヮー(発音 [ˈdʒægwɑr, -yuˌɑr])であり[1]フランス語では「ジャグワール」と発音する。

開発[編集]

フランス空軍のジャギュア戦闘爆撃機型

1965年、高等練習機を求めていたイギリスと、軽攻撃機を求めていたフランスの利益が一致し、共同開発が行われることとなった。共同開発にあたってフランスからはブレゲー(現ダッソー)社、イギリスからはBAC(現BAEシステムズ)社が選ばれ、1966年5月に国際共同会社SEPECAT社を設立した。SEPECATは戦闘訓練・対地支援機のヨーロッパ共同開発(Societe Europeenne de Production de 'l avion Ecole de Combat et Appui Tactique)のフランス語頭文字をとったものである。

開発では、まず8機の試作機が製造され、1968年9月4日に試作初号機が初飛行し、この段階で英仏双方で各200機を調達することで合意。イギリス空軍は、単座のジャギュア S(ジャギュアGR Mk.1)165機と複座のジャギュア B(ジャギュアT Mk.2)35機、フランス空軍は単座のジャギュア Aを160機と複座のジャギュア Eを40機を調達することになった。

主翼上面にAAMランチャーを装備するジャギュア GR.3A

ジャギュアA初号機は1969年3月29日に初飛行し、ジャギュアS初号機も1969年10月29日に初飛行した。1969年11月14日にはフランス海軍向けの艦載機型ジャギュアMが初飛行しているが、開発コストの高騰により計画はキャンセルされている。

アドーアエンジンを2基搭載して、やや下反角のついた主翼を高翼配置としている。主翼の後退角は、翼舷25%の位置で40度、中ほどにはドッグトゥースがつけられている。エンジンの排気口は水平尾翼の前下方についている。主脚はダブルタイヤが採用され、前線の不整地の滑走路からの利用も考慮されている。ハードポイントは、左右主翼に各2ヶ所、胴体下に1ヶ所の計5ヶ所だが、イギリス空軍では主翼上面にAAMランチャー付きパイロンを装備できるようにしている。横方向へはスポイラー制御を行う。横方向への補助として昇降舵も使われる(スポイラーだけだと、反応が遅くなるため)。 搭載エンジンや機体の寸法・デザインが日本三菱T-2/F-1と非常に良く似ており、双方とも攻撃機・練習機として使われている。しかし、ジャギュアは攻撃機から練習機が派生したが、T-2/F-1は練習機から支援戦闘機(攻撃機)が派生している点が異なる。また、主翼はジャギュアが削り出し一体構造であるのに対し、T-2/F-1はより軽量で強度の高い複合材接合を用いている[2]1973年よりフランス空軍とイギリス空軍に配備が開始された。また、海外輸出もされており、インドなど4ヶ国で採用された。

運用[編集]

湾岸戦争で出撃するイギリス空軍のジャギュア GR.3A

攻撃機として湾岸戦争コソボ紛争において実戦参加を行っているほか、イギリス空軍では高等練習機としても用いられている。フランス空軍では核攻撃機としても運用されていたが、現在はミラージュ2000Nに核攻撃任務は引き継がれている。 フランス海軍空母艦載機エタンダールIVの後継機としても派生型が検討され、試作機によってテストが行われたが、発着艦能力に問題があるとして採用が見送られている。

現在、作戦機としては、イギリス、フランス、オマーン、ナイジェリア空軍から退役しており、作戦機して残るのはインド空軍エクアドル空軍のみとなった。

インド海軍空母ヴィラート」の上空を編隊飛行するインド空軍のジャギュア攻撃機(上)と、アメリカ海軍F/A-18E/F(中)、インド海軍BAe シーハリアー(下)

インド空軍のジャギュア攻撃機は、1980年代から、ヒンドスタン航空機ライセンス生産されており、偵察任務から海上での支援戦闘機として運用してきた。実戦に参加したのは、1999年カルギル戦争で、レーザー誘導爆弾を落としたり積極的な役割を果たした。

古くなったジャギュア攻撃機の近代化改修は、ヒンドスタン航空機が手掛ける。

HALジャギュア・ダーリンIIIと名付け、その改修内容は多岐にわたる。 パワー不足のアドーアエンジンから、ハネウェル社の F125INエンジンに換装しパワー強化をはかり、全天候マルチモードレーダーオートパイロットシステム、グラスコックピット化とヘッドマウントディスプレイフライ・バイ・ワイヤを採用[3]。 ミッションコンピュータ、飛行計器システム、ソリッドステート・デジタル・ビデオ・レコーディング·システム、ソリッドステートフライトデータレコーダーと追加機能を含む新しい最先端のアビオニクスに変更する[4]2012年にHALジャギュア・ダーリンIIIは初飛行に成功し、今後、ジャギュア攻撃機全機を改修する。 インド空軍は、2030年代頃まで刷新したHALジャギュア・ダーリンIIIを使用していく予定である。




派生型[編集]

ジャギュア A
フランス空軍向け単座攻撃機型。
ジャギュア B
フランス空軍向け複座操縦転換訓練型。
ジャギュア M
フランス海軍向け単座攻撃機型。計画のみ。
ジャギュア S(GR Mk.1)
イギリス空軍向け単座攻撃機型。イギリスではGR Mk.1と呼ぶ。
ジャギュア GR Mk.1A
GR Mk.1の能力向上型。
ジャギュア GR Mk.1B
GR Mk.1AにTIALDの携行能力を与えたタイプ。
ジャギュア E(T Mk.2)
イギリス空軍向け複座練習機型。イギリスではT Mk.2と呼ぶ。
ジャギュア T Mk.2A
T Mk.2の能力向上型。
ジャギュア T Mk.2B
T Mk.2AにTIALDの携行能力を与えたタイプ。
ジャギュア GR Mk.3
GR Mk.1の近代化改修型。
ジャギュア GR Mk.3A
GR Mk.3にAIM-132 ASRAAM AAMの携行能力を与えたタイプ。
ジャギュア T Mk.4
T Mk.2の近代化改修型。
ジャギュア インターナショナル
S型をベースにした輸出型。エンジンを強力なものに換装している。
ジャギュアIM
インドにおいてライセンス生産されたタイプ。エンジンを強化し、レーダーを換装している。インド空軍ではシャムシャー(Shamsher)と呼ぶ。

採用国[編集]

要目[編集]

三面図
  • 乗員:1名(B/Eは2名)
  • 全幅:8.7m
  • 全長:16.8m
  • 全高:4.9m
  • 主翼面積:24.2m2
  • 空虚重量:7,000kg
  • 最大離陸重量:15,700kg
  • エンジン:ロールス・ロイス/チュルボメカアドーア」RT172(2,100/アフターバーナー時3,150kg)2基
  • 最大速度:1,698km/h(917kt)
  • 実用上昇限度:14,000m
  • 最大搭載量:4,536kg(機外)
  • 航続距離:1,900nm(フェリー時)
  • 戦闘行動半径:460nm(Hi-Lo-Hi)
  • 固定武装:30mm ADEN機関砲 2門

脚注[編集]

  1. ^ Definition of Jaguar at Dictionary.com, 2009-09-12
  2. ^ 木村秀政・田中祥一『日本の名機100選』文春文庫 ISBN 4-16-810203-3 1997年
  3. ^ [1],2012年9月10日インデイアンtoday紙
  4. ^ [2],2012年11月28日エコノミータイムズ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]