ヴィラート (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
INS Viraat (R22) underway with a large number of helicopters and Sea Harrier aircraft.jpg
艦歴
建造 ヴィッカーズ アームストロング造船所
起工 1944年6月21日
進水 1953年2月16日
就役 1987年
退役
その後
除籍
性能諸元
排水量 基準 23,900 t、満載 28,700 t
全長 226.9m
全幅 48.78m
水線幅 27.4m
吃水 8.8m
機関 蒸気タービンボイラー4缶2基 2軸推進、57Mw
最大速 最大28kt
航続距離 6,500海里(巡航速度:14kt)
乗員 1,350名(士官143名、航空要員含む)
兵装 バラクSAMVLS2基(各8セル)ミサイル16発
AK-23030mm連装機関砲2基
40mm機関砲 2門
艦載機 シーハリアー
Ka-31
Ka-28
SH-3
合計 28機
レーダー RAWL-02 対空捜索レーダー
EL/M-2238 STAR 対空・対水上捜索レーダー
Rashmi 航海レーダー
EL/M-2221 STGR 火器管制レーダー
モットー Jayema Sam Yudhi Sprdhah

ヴィラート (INS Viraat R22, विराट) は、インド海軍軽空母。インド海軍の旗艦である。1984年に退役したイギリス海軍セントー級航空母艦ハーミーズ」を購入し、改装したものであり、艦名はサンスクリット語で「巨人」を意味する。

艦歴[編集]

インド海軍は1986年4月に「ハーミーズ」を購入、デヴォンポート造船所で広範囲改修を行った後、1987年に就役させた。購入後も寿命延長のための度々補修作業が行われたが、1993年9月に浸水事故を起こしたためその修復に数ヶ月を要した。1995年に現役復帰、新型レーダーが追加された。

1999年7月から2001年4月にかけて改修作業が行われ、推進システムの改良、防空センサーの追加、新型通信システムの導入、バラクSAM等の追加が行われた。ほぼ2年の作業後、2001年6月に現役復帰した。

2004年、インド海軍はロシアから15億ドルで「アドミラル・ゴルシコフ」を購入、「ヴィクラマーディティヤ」として就役させる予定であるが、改装工事が遅れ就役時期が当初予定の2008年から2011年以降にずれ込む事を受け、空母戦力のギャップを埋めるために「ヴィラート」の退役を延ばし、2008年から2009年7月頃にかけてムンバイ及びコーチで近代化改修を行う事を決定した。

2代目ヴィクラント」が就役する2013年頃まで現役に留まる予定である

関連項目[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]