スカーニャ級哨戒艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スカーニャ級哨戒艦
INS Sujata.jpg
艦級概観
種別 哨戒艦(OPV)
艦名 {{{艦名}}}
建造者 {{{建造者}}}
運用者 {{{運用者}}}
建造期間 {{{建造期間}}}
就役期間 1989年8月31日 - 現在
同型艦
前級
次級
主要諸元
排水量 満載: 1,928トン
総トン数 {{{総トン数}}}
全長 101.9 メートル (334 ft)
全幅 11.5メートル (38 ft)
吃水 3.5メートル (11 ft)
深さ 6メートル (20 ft)
機関 ディーゼルエンジン×2基
スクリュープロペラ×2軸
機関出力 12,100bhp (9,540 kW)
電力 {{{電力}}}
速力 21ノット
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 7,000海里 (15kt巡航時)
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 運用140人、設計106人
搭載量
装甲
兵装 40mm単装機関砲×1基
・25mm機関砲×2基 (P55)
・12.7mm機関銃×4基
プリットヴィー3弾道ミサイル×2基 (P51)
搭載機 チェタク・ヘリコプター×1機
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇 {{{艦載艇}}}
C4ISTAR {{{C4I}}}
レーダー ・ラカル・デッカ2459 航海用×1基
・BEL 1245 航海用×1基
ソナー {{{ソナー}}}
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
特殊装備 {{{特殊装備}}}
その他 {{{その他}}}

スカーニャ級哨戒艦英語: Sukanya-class Offshore Patrol Vessel)は、インド海軍哨戒艦(OPV)。

3隻は設計を行った韓国タコマ社(1999年3月、韓進重工業と合併)の1,900t級OPVを輸入し、4隻はヒンドゥスタン造船にて建造し、合計7隻が建造された。本級からの派生型として、インド沿岸警備隊サマル級巡視船が6隻建造されている。

2000年に5番艦サリューがスリランカ海軍に売却され、スリランカ海軍の旗艦「サユラ」(Sayura)となった。 また、P51「スバドラ」は、後部ヘリコプター甲板上にプリットヴィー 3弾道ミサイルの発射システム(Dhanush)を搭載し、ヘリコプター格納庫を弾道弾格納庫に転用している。

2003年3月10日、スリランカ東240海里の公海上で、「サユラ」が国旗を掲揚せずに航行していたLTTEの商船を撃沈する武力衝突事件が発生しており[1]、その後もLTTEの武器輸入の阻止活動を行っている。また、2001年のインド海軍の観艦式には、売却されたばかりの「サユラ」が参加した。

同型艦[編集]

# 艦名 進水 就役
P 50 スカーニャ
INS Sukanya
1989年 1989年8月31日
P 51 スバドラ
INS Subhadra
1989年 1990年1月25日
P 52 スバルナ
INS Suvarna
1990年8月22日 1991年4月4日
P 53 サヴィトリ
INS Savitri
1989年5月23日 1990年11月27日
P 54 サリュー
INS Saryu
1991年10月8日
P 55 シャラダ
INS Sharada
1990年8月22日 1991年10月27日
P 56 スジャータ
INS Sujata
1991年10月25日 1993年11月3日

外部リンク[編集]

関連項目[編集]