アディティア (補給艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
INS Aditya A59.jpg
2009年6月20日、イギリス海軍ポーツマス海軍基地を訪問した際のアディティア
艦歴  インド海軍
船名: INS Aditya
建造: ガーデンリーチ造船所(Garden Reach Shipbuilders and Engineers)
就役: 2000年4月3日
その後: 現役
仕様諸元
分類 アディティア級補給艦
排水量 満載24,612 トン
全長: 172.0 m
全幅: 23.0 m
喫水: 7.5 m
機関: ECR MAN B&W 16V 40/45 ディーゼル2基 出力23,972 hp 1軸推進
発電機 出力500 kW 3基、1,500 kW 2基
速力: 20ノット
航続距離: 16ノットで10,000海里
総員: 191名、航空要員6名
兵装: 1 x SA-N-10SAM発射機(24発)
3 x CRN-9130mm機関砲
艦載機 ヘリコプター1機 HALチェタクまたはシーキング

アディティア(INS Aditya A59)は、インド海軍補給艦である。1隻のみ建造され、同型艦は無い。ディーパク級補給艦同様ブルーマーフルカン社の設計で、1987年7月にガーデンリーチ造船所発注され、2000年4月3日就役した。

アディティアは、ディーパク級補給艦を拡大したようなデザインであるが、空調設備を完備、多目的工作設備と4基の洋上補給ステーションを備える。本艦の建造進捗は非常に緩慢であった上、1999年9月に実施された公試の際、推進機のトラブルに遭遇した。

概要[編集]

ドイツのブルーマーフルカン社が設計したディーパク級補給艦同様、前方に艦橋を後部にヘリコプター格納庫と飛行甲板を有する。搭載艇として70人乗りGRP製救命ボート6隻、医療設備として8床のベッドを有する。

兵装として携帯式対空ミサイル発射機1基とBMP-2歩兵戦闘車の砲塔部分を転用した30mm機関砲CRN-91を3基装備している。

搭載量[編集]

  • 真水 2,250 m³
  • 弾薬 2,170 m³
  • ディーゼル及び航空燃料 14,200 m³

本艦は1万2000トンの液体貨物(艦艇用燃料、航空燃料、蒸留水、淡水))、および5,000トンの固体貨物を搭載することが可能である。また、積載量20トンと2トンのクレーンを備えている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]