カー・ニコバル級高速戦闘艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
INS Cheriyam Attribute Ajai Shukla.JPG
艦級概観
名前: カー・ニコバル級
建造: ガーデン・リーチ造船所
運用:  インド海軍
所属期間: 4
建造: 6
計画: 10
完工: 4
現役: 4
仕様諸元
艦種: 高速戦闘艇
排水量 600 トン
全長: 48.9 m
深度: 4 m
機関: MTU 16V 4000 M90 ディーゼル3基、ハミルトンHM811ウォータージェット推進3基 11,238 hp
速力: 35 ノット
航続距離: 12-14 ノットで2,000海里
兵装: CRN-91機関砲1基
イグラ携帯式対空ミサイル
12.7mm 機関銃2基

カー・ニコバル級Car Nicobar class)は、インド海軍高速戦闘艇である。ガーデンリーチ造船所で建造されている。 本級は、海上における哨戒及び救助活動を行うのに費用対効果上優れたプラットホームになると見られている。 本級は、インド海軍では初のウォータージェット推進の艦艇である。1番艇カー・ニコバルと2番艇チェトラトは、インド東部方面隷下のチェンナイに拠点を置いている。

1番艇カー・ニコバルはカー・ニコバル島にちなんで命名された。同型艦もインドの島名にちなんで命名されている。

設計上の特徴[編集]

船体[編集]

船体は空調設備が完備され、モジュール化された宿泊設備を備え居住性が改善された。

機関[編集]

3基のMTU 16V 4000 M90ディーゼルエンジンと3基のハミルトンHM811ウォーター・ジェットユニットを結合し、8,160kw(1万1238馬力)の出力を発生させることが可能である。

兵装[編集]

艦首にCRN-91砲塔を装備している。CRN-91は、(2A42 30mm砲塔メダクの海軍派生型)はバラト・エレクトロニクス社(BEL)により生産、火器管制装置によって制御されている。 他に、12.7mm重機関銃を2基装備している。

同型艦[編集]

 名称   艦番号   起工   進水   就役   現状 
カー・ニコバル(INS Car Nicobar) T69 2007年11月23日 2009年2月16日 現役
チェトラト(INS Chetlat) T70 2007年11月23日 2009年2月16日 現役[1]
コーラ・ディヴ(INS Kora Divh)[2] T71 2008年7月16日 2009年9月10日 現役
チェリヤム(INS Cheriyam) T72 2008年7月16日 2009年9月10日 現役[3]
キャンカルソ(INS Cankarso) T73 2008年7月29日 [4] 2009年3月27日 2010年6月29日 現役[5]
コンダル(INS Kondul) T74 2008年7月29日 2009年3月27日 2010年6月29日 現役
カルペニ(INS Kalpeni) T75 2008年7月29日 2009年3月27日 2010年8月25日[6] 現役
INS Kabra 2010年3月29日 2010年予定 艤装中
INS Koswari 2010年3月29日 2010年予定 艤装中
INS Karuva 2010年3月29日 2010年予定 艤装中

脚注[編集]

外部リンク[編集]

動画[編集]

画像[編集]