シシュマール級潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
概要
建造: ドイツの旗 ドイツ HDW
インドの旗 インドマザゴン造船所
運用:  インド海軍
所属期間: 1986年〜現在
計画: 6隻
完工: 4隻
中止: 2隻
現役: 4隻
仕様諸元
艦種: 通常動力型潜水艦
排水量 1,450 t (水上)
1,850 t (水中)
全長: 64.4 m
全幅: 6.5 m
喫水: 6 m
機関: ディーゼル・エレクトリック方式; 4,600馬力; 1軸推進
MTU 16V493 TY60 ディーゼルエンジン (800 shp) ×4基
シーメンス 電動機 (6,600 kW) ×1基
(潜航時: 132セル蓄電池×4)
速力: 11 kt (浮上時)
22 kt (潜航時)
航続距離: 8,000 海里 (8 kt, 浮上時)
試験深度: 320 m (実用潜航深度 260 m)
総員: 40名
兵装: 533mm 魚雷発射管×8(魚雷×14基)
外装機雷 24基
センサー
FCS
STN アトラス CSU-83 統合ソナー
※後期建造艦2隻にはDUU-5が装備

シシュマール級潜水艦(シシュマールきゅうせんすいかん、英語:Shishumar class submarine)はインド海軍が運用する通常動力型潜水艦の艦級の一つ。ドイツホヴァルツヴェルケ=ドイツ造船の輸出用潜水艦である209/1500型潜水艦をもとに、インド海軍の運用要求に応じたカスタマイズを加えて開発された。2014年現在までに就役している209型潜水艦としてはもっとも大型であり、熱帯で運用されることもあって、蓄電池も他の型より大容量化されている。また、やはり同型のなかで唯一、非常時脱出用の救難球を搭載している。

概要[編集]

1970年代末の時点で、インド海軍は、既に8隻のカルヴァリ級潜水艦(ソ連フォックストロット級潜水艦)による潜水艦部隊を有していた。同級は優秀な長距離潜水艦ではあったが、既に旧式化しつつあった上に、元来がロシア沿岸の高緯度地方での運用を想定していたことから、インド海軍が主な作戦海面としている熱帯地方には不適当な面もあった。

一方、ドイツのホヴァルツヴェルケ=ドイツ造船社が輸出向け潜水艦として開発していた209型潜水艦は、既に中南米諸国などといった熱帯地域の国でも運用されており、また、顧客の要望に応じたカスタマイズにも柔軟に対応していた。このことから、インド海軍は、209型潜水艦の導入を決定し、1981年にHDW社との技術協定を締結した。この協定によると、HDW社がキールで2隻を建造したのち、HDW社の指導・技術支援のもとでムンバイマザゴン造船所において4隻を追加建造することとなっていた。しかし、インドでの建造分で溶接ミスなどが多発したことから、自国建造は2隻で打ち切られた。なお、本級は2000年より順次近代化改修を受けている。

本型の技術的特徴は209型潜水艦とおおむね同じであり、単殻構造の耐圧殻の上に非耐圧・大型の上部構造を乗せた構造となっている。ただし、他型とは異なる点として、セイル直前の上構内に非常時脱出用の救難球を搭載している。これは、事故など損傷によって浮上不能になった場合に、すべての乗員を収容して脱出するためのもので、スタンキー・フードSEIEなどによる個人脱出よりも減圧症低体温症に罹患するリスクが低減されるものの、このように狭い区画内で多人数が一定時間生存し、また様々な海象状況のなかでこれを回収することは決して容易ではないことから、採用例は多くない。

同型艦一覧
艦名 (英名) 艦番号 建造者 就役 現状
シシュマール (INS Shishumar) S44 HDW 1986年9月22日 改修済み
シャンクシュ (INS Shankush) S45 HDW 1986年11月20日 改修中
シャルキ (INS Shalki) S46 マザゴン造船所 1992年2月7日 改修中
シャンクル (INS Shankul) S47 マザゴン造船所 1994年5月28日 改修済み

参考文献・外部リンク[編集]

Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
Searchtool.svg 上空より俯瞰した写真。
Searchtool.svg 斜め前方より撮影。水面付近に見える赤い塗装の部分が耐圧殻
  • 「世界の潜水艦」、『世界の艦船』第637集 (増刊第68集)、海人社、2005年1月、 7-160頁。
  • 池田 知純 [1] 『潜水の世界 人はどこまで潜れるか』 大修館書店、2002年ISBN 4-469-26505-5
  • John Pike [2] (2009年4月4日). “S 44 Shishumar Class (HTML)” (英語). 2009年8月28日閲覧。

関連項目[編集]