LTU国際航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LTU国際航空航空
Lufttransport-Unternehmen
IATA
LT
ICAO
LTU
コールサイン
LTU
Ltu logo.svg
設立日 1955年
ハブ空港 デュッセルドルフ国際空港
ミュンヘン国際空港
ベルリン・テーゲル国際空港
マイレージサービス topbonus
会員ラウンジ LTU Lounge
保有機材数 26機
就航地 75都市
親会社 airberlin
本拠地 ドイツ連邦共和国デュッセルドルフ
代表者 Jürgen Marbach, Peter Oncken (CEO)
LTU A330-200

LTU国際航空(エルティーユーこくさいこうくう、ドイツ語Lufttransport-Unternehmen GmbH )はドイツデュッセルドルフに拠点を置く航空会社である。LTUはドイツ語のLuftTransport-Unternehmenの略語で航空運輸企業を意味している。

中長距離と同様にチャーター便の運航も行っている。ハブ空港(拠点空港)としてデュッセルドルフ国際空港ミュンヘン国際空港を利用しているが第三のハブ空港として2007年よりベルリン・テーゲル国際空港にも拠点を置くようになった。

沿革[編集]

LTUは1955年5月にLufttransport Unionとして設立され、同年10月20日よりフランクフルト・アム・マインで運航を開始した。現在の社名は1956年より使われ、1961年よりデュッセルドルフを本拠地としている。デュッセルドルフ国際空港からはルフトハンザドイツ航空の北米直行便と競合関係にある。LTUは2007年現在、Verwaltungsgesellschaftが55%、Marbach Beteiligung und Consulting が45%所有し、従業員数2,892名である。
2007年3月にはエア・ベルリンがLTUを買収し、ヨーロッパでは4番目に大きな航空企業グループが形成された。2006年には2210万人の旅客を輸送し、輸送実績は増加傾向にある。
2007年にはA330-200を使用したヨーロッパでは初の北極観覧ツアーを行っている。ベルリン・テーゲル空港に新たに拠点を置き、バンコクカリブ海方面の路線を就航させている。

就航地[編集]

機材[編集]

平均使用年数は6.6年となっている。エア・ベルリンに買収後は7機のみLTUカラーで残っている。