C-160 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

C-160 トランザール

航空ショーに参加するC-160 トランザール

航空ショーに参加するC-160 トランザール

C-160 トランザール(C-160 Transall)は、フランス西ドイツ(当時)が共同開発した輸送機。トランザールの名は、フランスと西ドイツの企業が共同出資して設立したトランスポルト・アリアンツ(Transport Allianz)社の省略に由来する。

当初は、フランス空軍の輸送機ノール ノラトラの代替として考案され、1963年2月25日に試作機が初飛行した。フランス空軍に納入されたC-160は、空中給油機型、情報収集機型など幅広い任務に運用され、湾岸戦争にも参加した。1972年までアエロスパシアルメッサーシュミット・ベルコウ・ブロームによって生産が続けられた。本機は25年以上運用されたため耐用年数に近づきつつあり、南アフリカ共和国ではすでに退役している。

運用国[編集]

民間[編集]

郵便業務代行時
  • Manunggal Air Service
インドネシアの航空会社

派生型[編集]

C-160
原型機。
C-160A
前期生産型。
C-160D
西ドイツ仕様のC-160A。
C-160T
トルコに譲渡されたD型。
C-160F
フランス仕様のC-160A。
C-160P
エールフランスが買い取って改修したF型。
C-160Z
南アフリカ共和国仕様のC-160A。
C-160NG
後期生産型。燃料タンクの容量を増加、空中給油装置を設置するなどして航続距離を伸ばしている。フランス空軍インドネシアの民間航空会社が購入。
C-160AAA
機首と尾部にレドームをつけた早期警戒機。計画のみ。
C-160S
洋上対潜哨戒機。計画のみ。
C-160SE
電子情報収集機(ELINT機)。計画のみ。
C-160ASF
エグゾセ対艦ミサイルの搭載が可能なS型。計画のみ。
C-160 アスタロット
通信中継機。
C-160G ガブリエル
ECM訓練専用機。
C-160R
フランスのF型やNG型に延命プログラムを施したもの。

主要諸元 (C-160D)[編集]

C-160の三面図
  • 出力:5,565馬力×2
  • 最高速度:513km/h
  • 航続距離:5,100km(最大)、1,900km(全備)
  • 上昇限度:8,200m
  • 搭載量:16,000kg

関連項目[編集]