AS-90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AS-90
Tank on a track, Larkhill Artillery Range - geograph.org.uk - 457037.jpg
基礎データ
全長 9.07m
全幅 3.5m
全高 2.49m
重量 45t
乗員数 5名
装甲・武装
装甲 最大17mm
主武装 L31 39口径155mm榴弾砲×1門(砲弾48発)
副武装 L7 GPMG 7.62mm×1挺
機動力
速度 53km/h
エンジン カミンズ社製 VTA903T
4ストロークV型8気筒液冷ターボチャージドディーゼル
660hp
懸架・駆動 トーションバー方式
行動距離 420km(路上走行)
テンプレートを表示

AS-90英語: AS90, Artillery System for the 1990s)は、イギリスの155mm 自走榴弾砲である。1993年に製造が開始され、イギリス陸軍の5個砲兵連隊に、M109 155mm自走榴弾砲FV433 アボット SPGFH70 155mm牽引・自走式榴弾砲と更新しつつ配備されている。

開発[編集]

AS-90はヴィッカース造船技術社(Vickers Shipbuilding and Engineering、略称:VSEL1999年BAEシステムズの傘下に入る)が自社資金で独自に設計開発した。

1970年代よりイギリスドイツ(旧西ドイツ)とイタリアと共同でM109 155mm自走榴弾砲の後継である155mm自走榴弾砲SP-70を開発していたが、様々な問題から1986年に開発中止となった。

それを受けて、イギリス国防省は新型の155mm自走榴弾砲の開発要求を提示したがそれにすぐに答えることができたのが、ヴィッカース社が独自に設計開発していたAS-90であったため、ヴィッカース社はイギリス国防省との間に1992年-1995年にかけて197門を3億ポンドで納入する契約を結んだ。

2002年、BAEシステムズ社は96門のAS-90の主砲長砲身の52口径155mm砲に換装する契約をイギリス陸軍と締結した。この契約に基づいて改修されたAS-90は、ブレイブハート(Braveheart)の愛称が付けられている。

最大射程は、標準型の砲弾で24.7kmであるが、上記のブレイブハート仕様への改修に伴い、最大射程は30km(標準型榴弾を使用した場合。ロケットアシスト弾を使用した場合は60-80km)に延長された。

派生型[編集]

AS-90D
乗員への耐熱防御とエンジン・機関部・電子装備の冷却機能を強化し、キャタピラなどを砂漠地帯での運用に最適化した派生型。
AS-90ブレイブハート(Breveheart
AS-90の主砲長砲身の52口径155mm榴弾砲に換装した型。
AHS クラプ英語版AHS "Krab"
ポーランドライセンス生産したAS-90ブレイブハートの砲塔を、PT-91を基にしたポーランド製の車体に搭載した型。 ポーランド陸軍2008年から同自走砲を48-80門受領する予定。

関連項目[編集]