FV603 サラセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FV603サラセン装甲兵員輸送車
Saracen-latrun-2.jpg
イスラエルの博物館で展示されるサラセン装甲車
基礎データ
全長 4.8m
全幅 2.54m
全高 2.46m
重量 11t
乗員数 2名+兵員9名
装甲・武装
装甲 16mm
主武装 機関銃2挺
副武装 無し
機動力
速度 72km/h
エンジン ロールス・ロイス社製B80 Mk.6A V型8気筒液冷ガソリンエンジン
170hp
懸架・駆動 6×6
行動距離 400km
テンプレートを表示

FV603 サラセンFV603 Saracen)は、イギリスのアルビス社(現在はBAEシステムズ)が製造する6輪式装甲兵員輸送車装輪装甲車)であり、イギリス軍北アイルランド紛争で同車を使用した。

開発[編集]

サラセンはアルビス社のFV600シリーズの装甲兵員輸送車版として開発され、当時大量の装甲兵員輸送車を必要としていた英軍の要請もあり、シャーシが共通のFV601 サラディン装甲車よりも早い1952年には量産を開始した。

車両には運転手と指揮官、さらに1個分隊に相当する8名の歩兵と分隊長を同乗させることが可能である。さらに、屋根の上のターレットにL3A4(ブローニングM1919)を、車体後部の銃眼にブレン軽機関銃を装備していた。後にL3A4はL7(FN MAG)汎用機関銃に置き換えられた。

1962年以降は装軌式のFV432に更新されて第一線部隊から引き上げられていったが、装輪式である利点を活かして北アイルランドにおける警備任務に投入されるようになった。

また、サラセンは装甲指揮車や野戦救急車としても使用された。

派生型[編集]

FV600シリーズには、共通のシャーシを使用したFV601サラディン装甲車などが存在する。また、サラセンの中にはターレットを外した車両も存在する。

Mk.1
3ドア式のハッチと銃眼を備えたターレットを有する初期型。
Mk.2
Mk.1の改良型で、ターレットのハッチが2ドア方式に変更されている。
Mk.3
熱帯地仕様
Mk.4
試作のみ
Mk.5
北アイルランドで使用するために、Mk.1やMk.2に装甲版を追加した改修型。
Mk.6
北アイルランドで使用するために、Mk.3にMk.5と同じ追加装甲を施した改修型。

使用者[編集]

香港警察のサラセン装甲車
1954年から1969年まで第一線部隊で運用され、北アイルランドでは1991年まで使用された。
香港警察(Royal Hong Kong Police Force)が使用

実戦運用[編集]

サラセン装甲兵員輸送車は、英軍においてはマレー紛争と北アイルランド紛争で主に使用され、スエズ危機でも同車を運用したと思われる。 ナイジェリアでは、ビアフラ戦争で使用された可能性がある。

関連項目[編集]