コンカラー (戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FV214 コンカラー
Bovington 154 Conqueror 1.jpg
性能諸元
全長 11.582 m
車体長 7.721 m
全幅 3.987 m
全高 3.353 m
重量 66.044 t
懸架方式 ホルストマン式
速度 34.28 km/h
行動距離 153 km
主砲 55口径120mmライフル砲L1A2
×1(弾薬搭載量 35発)
副武装 7.62mm重機関銃M1919A4
×2(弾薬搭載量 7500発)
装甲 19.05~203.2 mm
エンジン ロールス・ロイス ミーティアM120 No.2 Mk.IA
4ストロークV型12気筒液冷ガソリン
810 hp/2800 rpm
乗員 4名
テンプレートを表示

コンカラー (FV214 Conqueror) とは、第二次世界大戦イギリス陸軍が開発、保有した重戦車である。

“コンカラー(Conqueror)” とは「征服者」の意味で、イギリスでは特にノルマン・コンクエストによってイングランドを征し、ノルマン朝を開いた、“征服王”ウィリアムI世を指す。

概要[編集]

第二次世界大戦中、A41センチュリオンと併行して開発されたA45重戦車はドイツ国防軍ティーガーII重戦車に対抗するものであったが、試作車の完成は戦後の1948年と大幅に遅れ、火力もセンチュリオンと同等であったため、翌年には開発中止となった。さらにA45の設計を発展させたFV201重戦車も提案されたが、これもまた計画中止となった。

その後冷戦が激しくなる中、ソビエト連邦軍の独立重戦車連隊に配備されたIS-3重戦車の重装甲が、主力戦車であるセンチュリオンの20ポンド砲では撃ち抜けないであろうと懸念されていた。このためイギリス陸軍は、FV214の名で55口径120mm砲を搭載する重戦車の開発を決定した。不採用となったA45及びFV201の設計をさらに発展させたFV214は、主力戦車であるセンチュリオンを火力支援する重戦車というコンセプトで開発が進められた。先に車体だけ完成したFV214にセンチュリオンの砲塔を搭載したFV221カーナーボンの試験を経て、本命のFV214の試作車は1950年に完成した。しかし試験や改良に時間がかかり、コンカラーMk.1と命名され量産に入った1955年頃には、ソ連軍はIS-3の発展型であるT-10重戦車の配備を行っていた上、重戦車のコンセプトそのものが時代にそぐわなくなり、生産は改良型Mk.2を含め3年後に180輌で終了した。

コンカラーは敵重戦車を駆逐する支援戦車であり、これは大戦中のシャーマン ファイアフライの任務に類似するものであった。このためセンチュリオン1個小隊につき1輌、1個戦車連隊あたりで9輌が配備された。1956年に西ドイツ駐留部隊(イギリス陸軍ライン軍団)に配備が開始され、ここではセンチュリオン2個小隊に対しコンカラー1個小隊にまとめて運用された。

コンカラーはステレオ式測遠機を大型の旋回式キューポラに搭載し、これは車長から砲手への照準オーバーライド、目標ハングオーバー機構を持つ、当時としてはトップレベルの射撃統制装置であった。120mm砲の強力な攻撃力と重装甲の防御力を誇っていたが、オフロードでの機動力は劣っていた。さらにセンチュリオンが105mm砲を搭載するようになると火力面でも存在意義を失い、1963年からセンチュリオンと共に後継戦車であるチーフテンへの更新が始まり、コンカラーは1966年に西ドイツ駐留の戦車連隊での任を解かれた。

退役したコンカラーは射撃訓練の標的となるかスクラップとして売却され、その姿を消した。現在、ボービントン戦車博物館にて余生を送っているコンカラーが存在する。

派生型[編集]

FV219 コンカラーARV Mk II
FV219 コンカラーARV
コンカラー重戦車の装甲回収型で、Mk.1が8輌、改良型Mk.2が20輌生産されている。
FV215b
コンウェイ砲戦車でテストされていた183mm加農砲を搭載した強化型。計画のみ。


参考文献[編集]

  • Rob Griffin『Conqueror』(The Crowood Press、1999年) ISBN 1-86126-251-5
  • 吉田直也「コンカラー重戦車」
サンデーアート社『PANZER』1987年5月号 No.155 p36~p46
  • 古是三春「イギリス軍重戦車コンカラー」
ガリレオ出版『GROUND POWER』2007年1月号 No.152 p72~p118
  • フィル・グリーンウッド「ブラボー!ブリティッシュ・タンクス」
アーマーモデリング 第29号 P97~P101

関連項目[編集]