1985 (ボウリング・フォー・スープの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1985
ボウリング・フォー・スープシングル
収録アルバム A Hangover You Don't Deserve
リリース アメリカ合衆国の旗2004年7月27日
規格 音楽配信CDシングル
録音 Red Ruby Productions
アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ
ジャンル ポップ・パンクパワー・ポップ
時間 3:13
レーベル FFROE/Jive/Zomba
作詞・作曲 ジャレット・リディックミッチ・アラン 、ジョン・アラン
プロデュース ブッチ・ウォーカー
ゴールド等認定
ボウリング・フォー・スープ シングル 年表
"Punk Rock 101"
(2003)
"1985"
(2004)
"Almost"
(2005)
テンプレートを表示

1985」は、2004年ポップ・パンクのバンドであるボウリング・フォー・スープBillboard Hot 100 で最高23位まで上昇させ、アルバム『A Hangover You Don't Deserve』に収録した曲。もともとは、ミッチ・アラン (Mitch Allan) が率いたバンド、SR-71 が書き、レコーディングした曲である。

起源[編集]

SR-71 の公式ウェブサイトによると、バンドの友人である、ボウリング・フォー・スープのジャレット・リディック (Jaret Reddick) が、(SR-71のアルバム『Here We Go Again』)に収録されたこの曲を聴いて、自分のバンドでカバー・バージョンを作りたいと求め、承認を得て、レコーディングをしたとされている[1][リンク切れ]。しかし、ボウリング・フォー・スープの公式ウェブサイトによると、アランの方からリディックに電話をして、カバーしてもらえないかと頼んだとされている[2][リンク切れ]。いずれにせよ、原曲の歌詞に少し手を加えたボウリング・フォー・スープのバージョンの方が、大多数のアメリカ合衆国のラジオ聴取者にとって聞き慣れたものとなり、チャートを上昇したのである。

内容[編集]

歌詞は、現代のポップ・カルチャーへの不満を述べたもので、歌い手は、1980年代半ばポップ・カルチャーの方が良かったと主張する。これは、発表当時の「レトロ」ブームと1980年代ポップ・カルチャーへの関心の高まりを反映したものである。

「Bruce Springsteen, Madonna, Way before Nirvana(ブルース・スプリングスティーンマドンナ、まだニルヴァーナよりずっと前)」という歌詞は、2008年のツアーで参加したドイツベルリンのフェスティバル -->で、聴衆がセットに入る前からこの部分を合唱する事態が起こった後、バンドによって「Stacy, Madonna, Melting in the lava(ステイシー、マドンナ、溶岩に溶けていく)」という歌詞に変えられた。しかし、その後も、ときによっては以前の歌詞で歌われることもある。[要出典]

1980年代文化への言及[編集]

ボウリング・フォー・スープ版の歌詞は、オリジナルである SR-71 版とは異なっており、双方における1980年代への言及にも、一部に異同がある。オリジナル版にあった言及の一部は削除されて、新たに別の言及に置き換えられており、オリジナルで同じ歌詞を繰り返す行に代えて、新たな言及が織り込まれた箇所もある。

歌詞における言及例[編集]

ボウリング・フォー・スープ版のミュージック・ビデオの映像への参照例[編集]

チャート[編集]

チャート(2004年) 最高位
ARIAチャート(オーストラリア)[4] 22
アイルランド・シングル・チャート (Irish Singles Chart)[4] 36
全英シングルチャート[4] 35
全米 Billboard Hot 100[4] 23

出典・脚注[編集]

  1. ^ SR-71's website
  2. ^ Bowling for Soup's website
  3. ^ R35必見! ボウリング・フォー・スープ/1985”. ブレーンプール (2004年10月23日). 2012年9月26日閲覧。
  4. ^ a b c d Bowling for Soup - 1985 - Music Charts”. (acharts.us). 2010年2月16日閲覧。

外部リンク[編集]