西脇市駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西脇市駅*
駅舎(2007年2月17日)
駅舎(2007年2月17日)
にしわきし - Nishiwakishi
(2.8km)
(1.1km) 新西脇[1]
所在地 兵庫県西脇市野村町962[1]
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 加古川線*
キロ程 31.2[1]km(加古川起点)
電報略号 ワキ
駅構造 地上駅[1]
ホーム 2面3線[1]
乗車人員
-統計年度-
648人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1913年大正2年)10月22日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口[2]
* 1990年までは鍛冶屋線も乗り入れ。同線廃止時に野村駅から改称。
野村駅
のむら - Nomura
(1.6km) 西脇
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 鍛冶屋線
キロ程 0.0km(当駅起点)
開業年月日 1913年大正2年)10月22日
廃止年月日 1990年平成2年)4月1日
プラットホーム

西脇市駅(にしわきしえき)は、兵庫県西脇市野村町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)加古川線[1]

加古川駅が管理し、ジェイアール西日本交通サービスが駅業務を受託する業務委託駅となっている。西脇駅から移管された[要出典]みどりの窓口を併設する[2]

歴史[編集]

1990年(平成2年)3月31日までは鍛冶屋線の起点であり、その当時は野村駅(のむらえき)を名乗っていた。西脇市街へは、当駅から鍛冶屋線で一駅進んだ西脇駅の方が近かったが、同路線の廃止に伴い当駅が代わって「西脇」を駅名に冠するようになった[1]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線を持つ地上駅になっている[1]

多くの駅では駅舎側が1番のりばとなっているが、当駅では逆に駅舎の反対側から番号が振られている。運転取り扱い上では1番のりばが上下副本線、3番のりばが上下本線であり、2番のりばは加古川方面への折り返しのみ対応している(2番線の線路自体は現在も谷川方面につながっているが、進路設定がない)[要出典]。日中は加古川方面の列車が3番のりば、谷川方面の列車が1番のりばに発着しているため、同一平面上での乗り換えは基本的に行わない。

車庫がある厄神駅と同様、列車の夜間滞泊が行われる駅である。(ただし、終電の1本前の列車のみ厄神駅まで回送され、始発列車の次の列車(平日のみ)も厄神駅から回送されてくる。)

西脇市駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 加古川線 下り 谷川方面
2 加古川線 上り 粟生加古川方面 一部列車のみ
3 加古川線 上り 粟生・加古川方面 通常はこのホームから

ダイヤ[編集]

運行上の境界駅となっており、この駅から谷川方面は本数が少なくなる。また、当駅を越えて運転される列車も下り列車1本のみで、それ以外は当駅で乗り換えとなる。

日中時間帯の加古川方面は1時間あたり1本運行されており、始発は5時47分(土曜・休日は45分)、終電は21時45分で、到着は23時31分である。谷川方面は1日9本(土曜・休日は8本)であり、始発は平日で5時21分(土曜・休日は6時58分)、終電は20時51分で、到着は22時33分である。なお、以前は当駅と加古川駅を結ぶ快速列車が運転されていた時期もあったが、現在は当駅発着の列車は全て各駅停車となっている。

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は648人である(2010年度)。

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

  • 749人(2000年度)
  • 757人(2001年度)
  • 719人(2002年度)
  • 694人(2003年度)
  • 671人(2004年度)
  • 655人(2005年度)
  • 644人(2006年度)
  • 641人(2007年度)
  • 631人(2008年度)
  • 627人(2009年度)[1]
  • 648人(2010年度)

駅周辺[編集]

駅前にはやや小さな駅前広場があり、タクシーの待ち合いが設けられている。当駅は市街の南外れに位置する。

バス[編集]

西脇市駅前に停車するのぎくバス

その他[編集]

1980年代はじめにたのきんトリオ田原俊彦野村義男近藤真彦)がブームになったとき、当時野村駅を名乗っていた当駅と北条線(現在の北条鉄道)田原駅の存在が話題になったことがあった[10]

当駅の駅スタンプの他に、社町駅・滝野駅・滝駅・比延駅・日本へそ公園駅・黒田庄駅・本黒田駅・船町口駅・久下村駅の駅スタンプも当駅で管理されている。ただし、山と渓谷社発行の「スタンプで巡る鉄道の旅 JR西日本約550駅」には収録されていない。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
加古川線
滝駅 - 西脇市駅 - 新西脇駅

かつて存在した路線[編集]

西日本旅客鉄道
鍛冶屋線
西脇市駅(当時は野村駅) - 西脇駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 『兵庫の鉄道全駅 JR・三セク』 神戸新聞総合出版センター、2011年12月15日、211頁。ISBN 9784343006028
  2. ^ a b 西脇市駅|駅情報:JRおでかけネット”. 西日本旅客鉄道. 2014年11月15日閲覧。
  3. ^ 「軽便鉄道停車場設置」『官報』1913年10月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『鉄道省鉄道統計資料. 大正12年度』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  5. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1925年1月15日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 「鉄道省告示第120号」『官報』1943年5月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 加古川鉄道部組織改正について(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2009年6月19日
  8. ^ 西脇市郵便局‐日本郵政”. 日本郵政株式会社. 2014年11月15日閲覧。
  9. ^ a b c d e 西脇市駅情報|周辺地図・観光情報:JRおでかけネット”. 西日本旅客鉄道. 2014年11月15日閲覧。
  10. ^ 『兵庫の鉄道全駅 JR・三セク』 神戸新聞総合出版センター、2011年12月15日、221頁。ISBN 9784343006028

関連項目[編集]

外部リンク[編集]