美祢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美祢駅*
駅舎(2010年3月)
駅舎(2010年3月)
みね - Mine
南大嶺 (2.5km)
(1.9km) 重安
所在地 山口県美祢市大嶺町東分字平城3408
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 美祢線
キロ程 19.4km(厚狭起点)
電報略号 ミネ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線(旅客使用は1面1線のみ)
乗車人員
-統計年度-
374人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1916年大正5年)9月15日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* 1963年に吉則駅から改称。

美祢駅(みねえき)は、山口県美祢市大嶺町東分字平城にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)美祢線。美祢市の代表駅[1]である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅で、構内の南東側(1番のりば)に接して駅舎があるほか、2・3番のりばとは構内踏切で結ばれている。

場内信号機/出発信号機の配置上、1番のりばが上り本線、3番のりばが下り本線であるが、上下線ともにいずれののりばからの発着も可能である。しかし2009年3月14日現在、2・3番のりばの使用は休止しており、同のりばの出発信号機や場内信号機は覆い板で被覆されているほか、駅南端側の各線路には枕木による仮設の車止めが設置されている。また、構内踏切への降り口が蓋で塞がれており使用できないようになっている。

長門鉄道部が管理し、ジェイアール西日本広島メンテックが駅業務を受託する業務委託駅である。美祢線の中間駅では唯一みどりの窓口が設置されているほか、かつては売店とうどん屋が営業していたが、それぞれ2008年(平成20年)と2007年(平成19年)に閉店している。

登校日のみ当駅始発の列車が設定されている。

美祢駅プラットホーム
ホーム(のりば番号) 路線 方向 行先
1 美祢線 下り 長門市仙崎方面
上り 厚狭行き
2・3 (使用停止中)

※旅客案内上の「のりば番号」は駅舎側から順に付番されているが、列車運転指令における番線番号は駅舎反対側から順に付番されているため、それぞれが逆転している(1番のりばの線路番号は「3番線」、2番のりばは「2番線」、3番のりばは「1番線」)。

貨物取扱・専用線[編集]

工場から美祢駅に向かう貨物列車(2009年)

かつて併設されていた日本貨物鉄道(JR貨物)の駅は、専用線発着の車扱貨物の取扱駅となっていた。

旅客ホームの北500mほどの場所に「美祢ヤード」と呼ばれる小規模な操車場があり、ここから南東方向へ伸び宇部興産伊佐セメント工場へ至る全長2kmほどの専用線がある。当駅と山陰本線岡見駅の間[2]にはタキ1100形で編成された専用貨物列車が1日1往復運転されており、伊佐セメント工場からは炭酸カルシウム石灰石)が中国電力三隅火力発電所へ、逆に三隅火力発電所からはフライアッシュ(石炭灰)が伊佐セメント工場へそれぞれ輸送されている。

かつては石炭輸送で多くの貨物列車が発着していたが、大嶺炭鉱の閉山により石炭輸送は廃止された。また、宇部港駅への石灰石輸送は宇部興産専用道路の開通後は同道路を使用したトラック輸送に順次切りかわり、1998年(平成10年)に廃止された。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[3]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 601
2000 607
2001 549
2002 488
2003 473
2004 470
2005 466
2006 444
2007 427
2008 447
2009 418
2010 394
2011 451
2012 374

駅周辺[編集]

駅は一方にのみ開かれており、駅裏への自由通路は設けられていない。

美祢市の中心部の北西端に位置する。駅の南側を国道435号、東側を国道316号が通り、国道435号のさらに南側を厚狭川が流れている。

路線バス[編集]

いずれのバス会社も窓口はない。なお、駅東側の保線区構内に船木鉄道美祢営業所が位置する。

歴史[編集]

  • 1916年大正5年)9月15日 - 美祢軽便鉄道の伊佐駅(現 南大嶺駅)と重安駅間開業と同時に、吉則停留場(よしのりていりゅうじょう)として設置される。
  • 1920年(大正9年)6月1日 - 美祢軽便鉄道が美禰軽便線として国有化され、国有鉄道に移管。同時に駅に昇格し、吉則駅となる。
  • 1922年(大正11年)9月2日 - 軽便線の呼称廃止に伴い美禰軽便線が美禰線に改称され、当駅もその所属となる。
  • 1963年昭和38年)10月1日 - 美祢駅に改称する。これに合わせて線路名称の表記も「美禰線」から「美祢線」に改められる。
  • 1982年(昭和57年)10月1日 - 専用線発着を除く貨物の車扱取扱を廃止する。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 荷物の取扱を廃止する。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道・日本貨物鉄道の駅となる。
  • 1998年平成10年)
    • 4月1日 - 宇部港駅への石灰石輸送貨物列車が廃止される。
    • 6月15日 - 岡見駅への炭酸カルシウム・フライアッシュ輸送貨物列車の運行を開始する。
  • 2010年平成22年)7月15日 - 大雨による厚狭川氾濫で橋梁や路盤流失に伴い美祢線の全線が不通となる。
  • 2011年(平成23年)9月26日 - 始発列車より美祢線全線の運転が再開される。
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 日本貨物鉄道の駅が廃止され、貨物の取扱が終了[4]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
美祢線
南大嶺駅 - 美祢駅 - 重安駅

脚注[編集]

  1. ^ JTBパブリッシング『JTB時刻表』索引地図では当駅が市の代表駅とされている。例:2011年3月号
  2. ^ 山陽本線山口線を経由する。
  3. ^ 山口県統計年鑑より。
  4. ^ 電気車研究会『平成二十六年度 鉄道要覧』に美祢線の第二種鉄道事業廃止の記述あり。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]