於福駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
於福駅
駅舎(2008年7月)
駅舎(2008年7月)
おふく - Ofuku
重安 (4.9km)
(9.9km) 渋木
山口県美祢市於福町於福下字則田2863
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 美祢線
キロ程 27.2km(厚狭起点)
電報略号 オフ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
42人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1920年(大正9年)10月30日
備考 無人駅

於福駅(おふくえき)は、山口県美祢市於福町於福下字則田にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)美祢線

当駅と次の渋木駅の間に分水嶺が存在しており、両駅間 (9.9km) は美祢線でもっとも駅間距離が長い。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線で、交換設備を有する地上駅。駅舎は「於福地域交流ステーション」として会議室や和室が設けられ、地域の公民館的役割を担っている。現在は無人駅長門鉄道部管理)となっており、自動券売機等はない。下りホームに面して駅舎があり、上りホームへは跨線橋で連絡している。

於福駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 美祢線 下り 長門市方面
反対側 美祢線 上り 美祢厚狭方面

※案内上ののりば番号は設定されていない。

駅周辺[編集]

駅舎は元々の集落の存在した西側に設けられているが、駅東側を国道316号が通過し、近傍に道の駅が設けられていることもあって、自由通路となる跨線橋(駅構内のものとは別のもの)が設けられている。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 92
2000 87
2001 79
2002 67
2003 51
2004 58
2005 49
2006 59
2007 61
2008 63
2009 67
2010 60
2011 80
2012 42

歴史[編集]

  • 1920年大正9年)10月30日 - 美禰軽便線(当時)が重安駅から延伸した際の終着駅として開業。
  • 1922年(大正11年)9月2日 - 軽便線の呼称廃止に伴い美禰軽便線が美禰線(1963年より美祢線と表記)に改称され、当駅もその所属となる。
  • 1924年(大正13年)3月23日 - 美禰線が当駅から正明市駅(現・長門市駅)まで延伸。途中駅となる。
  • 1987年昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道へ移管。
  • 2010年平成22年)7月15日 - 大雨による厚狭川氾濫で橋梁や路盤が流失、全線不通となり、営業休止。
  • 2011年(平成23年)9月26日 - 全線開通により、営業再開。
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 駅舎を改装、地域交流ステーション開設。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
美祢線
重安駅 - 於福駅 - 渋木駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]