フライアッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フライアッシュ(Fly ash)は、石炭燃焼する際に生じるの一種のこと[1]

生成[編集]

石炭を燃料として用いる火力発電所(大型ボイラー)では、燃焼時に大量の灰が生成される。フライアッシュは、燃焼ガスとともに吹き上げられるレベルの状の微粒子で、電気集塵機などで回収される[1]

使用[編集]

かつては産業廃棄物であったが、コンクリートと相性が良く、骨材にすると耐久性や施工性、流動性を向上させることが着目された[2]ことから、工業製品として位置づけられるようになった。現在では、日本工業規格品質規格が定められている(JIS A6201-1999)。

吸水性が非常に高い為、汚泥処理やシールド工法により排出される流動性残土の処理の際に混合し、埋め戻し剤として使用される。 そのほか、埋め立て工事の土質改善剤や、比重が小さい為、土留工事や擁壁工事等で地尼と混合して使用される。 また、映画などでは埃を表現する際に使われる。特に特撮映画での使用が多い。

運搬[編集]

専用の粉粒体運搬車などで運搬される。車両の後部に積載品目として「フライアッシュ」と明記されていることから、製品自体や使用目的はともかく、名称自体の認知度は高い。

脚注[編集]

関連項目[編集]