褐炭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリケット加工された褐炭
ドイツ・ハンバッハでの褐炭露天掘り風景。ケルンの西方に多数存在するこれらの露天掘鉱山は、採掘終了後は巨大な人造湖になる予定。一方で、景観破壊、住民集団移転も問題になっている

褐炭(かったん、Lignite、brown coal)とは石炭の中でも石炭化度が低く、水分や不純物の多い、最も低品位なものを指す。

褐炭の成分[編集]

褐炭は通常暗褐色から帯褐色を呈する。より高品位な瀝青炭に比べ暗炭が多く、水分、腐植酸、酸素に富む。灰分(ミネラル)の割合は産炭地によって様々である。水分が重量の半分以上(多い場合は66%)を占めるのが特徴である。これは褐炭の細孔容積が大きい(隙間が多い)ため、水分が滲み込みやすいからである。酸素官能基も多いため親水性が高く、水分と水素結合しやすいので水分が多い。産地により雑多な化合物が多く、褐炭の成分は非常に多様である。日本では褐炭を亜炭と呼ぶことがあるが、これは行政上の用語であり、学術用語としては用いられない。

炭素の少なさと水分の多さにより発熱量は低い。褐炭の熱含有量(heat content)は、水分やミネラルを考慮しない基準で10 MJ/kgから20 MJ/kg(1ショートトンあたり900万BTUから1700万BTU)である。

利用[編集]

重くてかさばり輸送コストがかかるわりに、エネルギーをあまり生産できないため、燃料としてのエネルギー効率は悪い。また、空気中の酸素と化学変化して自然発火する恐れのある官能基が多いので、保管・輸送には適さない。その上、乾燥すると粉末状になり、粉塵爆発の危険が生じる。このため、保管・輸送する際にはブリケット加工を施して、空気との接触面積を小さくする対策が必要になる。また採掘地付近(山元)に火力発電所を建設し、そのまま燃料に使われる。

その他、四級アミンと化学反応した褐炭(amine treated lignite、ATL)は、石油などを掘削する際の掘削泥水drilling mud)に混ぜ、液体の損失を少なくするために使われる。

褐炭は輸送効率とエネルギー効率の悪さから、高品位炭に比べ世界市場での取引は少ない。また露天掘りのため自然環境を破壊すること、無煙炭を燃やす工場や発電所に比べ褐炭を燃やす施設の二酸化炭素排出量(特に、地中や水中への炭素隔離を行わない場合)や煤煙が多いことから、環境負荷が大きい褐炭の使用は欧州などで政治的な問題となっている[1][2]。一方で、世界の石炭埋蔵量の半分を褐炭が占めることから、採掘地での発電以外の利用を図るために、褐炭から水分を取り除くなど、輸送・燃焼の効率を上げるための改良技術も研究されている[3][4]。また、火力発電でもガス化した褐炭によって発電コストを低く抑える研究も進んでいる。


褐炭採掘量 (2005年)[5]
順位 国名 採掘量
(単位:百万トン)
順位 国名 採掘量
(単位:百万トン)
1 ドイツ 178.0 11 インド 30.0
2 アメリカ合衆国 75.0 12 ルーマニア 27.9
3 ロシア 74.8 13 ブルガリア 23.2
4 ギリシア 69.1 14 インドネシア 23.0
5 オーストラリア 66.9 15 タイ王国 22.0
6 トルコ 64.3 16 ハンガリー 12.6
7 ポーランド 59.9 17 メキシコ 12.3
8 チェコ 48.9 18 カナダ 11.4
9 中華人民共和国 48.3 19 ボスニア・ヘルツェゴビナ 8.0
10 セルビア 34.0 20 スペイン 7.5

脚注[編集]

  1. ^ The Greens Won't Line Up For Dirty Brown Coal In The Valley”. Australian Greens Victoria (2006年8月18日). 2007年6月28日閲覧。
  2. ^ Greenpeace Germany Protests Brown Coal Power Stations”. Environment News Service (2004年5月28日). 2007年6月28日閲覧。
  3. ^ 低品位炭改質技術
  4. ^ 日本機械学会誌 2007.11 Vol.110 No.1068 TOPICS
  5. ^ エネルギー研究 2005、 ドイツ連邦地球科学天然資源研究所 (BGR)

外部リンク[編集]