英熱量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
英熱量(British thermal unit)
記号 Btu,BTU
ヤード・ポンド法
エネルギー仕事熱量
SI 1055.06 J(日本の計量法
定義 1lb の水の温度を 1°F 上げるのに必要な熱量
テンプレートを表示

英熱量(えいねつりょう、Btu,BTU ; British thermal unit)は、ヤード・ポンド法エネルギー仕事熱量単位である。英国熱量単位(えいこくねつりょうたんい)、英式熱量単位などともいう。日本の計量法(計量単位令)では「英熱量」の名称を採用している[1]。主としてアメリカイギリスで使用され、イギリスでは空調システムなど限られた範囲でのみ、アメリカでは空調システムのほかガスレンジなど熱量全般で使用される(ただしこれらの熱機器の能力を表す数値は仕事率であるから、正確には Btu/h(英熱量毎時)である)。

英熱量の単位記号は、日本の計量法(計量単位規則)においては、Btuのみが定められている[2]

英熱量は1ポンドの温度を華氏度で1度上げるのに必要な熱量と定義される。すなわち、カロリーの定義をヤード・ポンド法の単位に置き換えたものと言える。水の比熱はその温度によって異なるので、カロリー同様、何度の水で定義するかによって以下のように各種の英熱量が存在することになる。その差はおおむね0.5%の範囲である。

名称 値 (J) 備考
国際蒸気表(IT) ≡ 1055.055 852 62 最もよく使用されるBtuである。国際蒸気表カロリー(正確に 4.1868 J )を換算したもので、1956年にロンドンで開催された第5回国際蒸気応用会議において、14.5℃(58.1°F) の水で定義したものである。
日本の 計量法 ≡ 1055.06 国際蒸気表(IT)の値を小数2桁に丸めたもの[3]
英国の法定値 ≡ 1055.055 852 573 48 イギリスの法定上の値[4]
39 °F ≈ 1059.67 水の最大密度となる温度 (39.1–39.2°F) での値
平均 ≈ 1055.87 水の温度を 32°F(0℃) から 212°F(100℃) まで上げるのに必要な熱量の180分の1
59 °F ≡ 1054.804 主としてアメリカで使用される。15度カロリー(正確に4185.5 Jと定義される)の定義に基づくものである。
60 °F ≈ 1054.68 主としてカナダで使用される。
熱力学 ≡ 1054.35026444 熱力学カロリー(正確に4.184 J)の定義に基づくものである。9489.152 380 4 ÷ 9

単位の換算[編集]

1英熱量はおよそ以下の値に相当する。

派生単位[編集]

英熱量毎時(Btu/h)は仕事率工率の単位である。1時間に1英熱量の仕事率を示す。

  • 1 馬力は約 2540 Btu/h
  • 1 ワットは約 3.4 Btu/h
  • 1000 Btu/h は約 293 W

quad(quadrillion(1000兆)の略)は1015英熱量と定義される。1 quadは約1.055×1018 ジュールである。

アメリカとヨーロッパ連合では100,000英熱量をthermと定義している。ただし、アメリカでは Btu59°Fを使用し、ヨーロッパ連合ではBtuITを使用する。ガス料金の計算単位などに使われ、1 term は 100立法フィート(100ft3、約 2.7m3)の天然ガスが燃焼して発生する熱量に大よそ等しい。

引用[編集]

  1. ^ [1] 計量単位令 別表第7 項番14「熱量」
  2. ^ [2] 計量単位規則 別表第6 「熱量」の項
  3. ^ [3] 計量単位令 別表第7 項番14「熱量」
  4. ^ [4] The Units of Measurement Regulations 1995 No.1804 SCHEDULE、Energyの欄

外部リンク[編集]