松井やより

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松井 やより(まつい やより、1934年4月12日 - 2002年12月27日[1])は、日本のジャーナリストフェミニスト、元朝日新聞編集委員。本名は松井耶依。

東京府(現:東京都)出身[1]。父の平山照次、母の秋子は牧師で[2]東京都渋谷区東京山手教会を創立した。本名の「耶依」もキリスト教に由来する。

人物[編集]

1961年東京外国語大学英米科を卒業して朝日新聞社に入社。社会部記者として福祉、公害、消費者問題、女性問題などを取材し、立川支局長、編集委員から1981~85年シンガポール・アジア総局員。1994年朝日新聞社定年退職。

朝日新聞社在職中の1977年に「アジア女たちの会」を設立し、退職後の1995年アジア女性資料センターを、1998年「戦争と女性への暴力」日本ネットワークを設立して代表となる。朝日時代から上智大学千葉大学日本福祉大学日本女子大学琉球大学の非常勤講師、横浜国立大学大学院の客員教授を務めた。

朝日新聞在職中の社会部のトップ時代に強制従軍慰安婦を取り上げた。

2000年12月に「戦争と女性への暴力」日本ネットワークなどが自主開催した「模擬裁判」女性国際戦犯法廷で国際実行委員会共同代表の1人となり、日本側主催者の代表となった。

2002年8月、韓国ソウルで開催された「軍事主義に反対する東アジア・米国・プエルトリコのネットワーク」に日本代表として参加。米国が展開している「テロとの戦争」が「軍事主義を強化し、女性と子どもへの暴力を増幅させている」と批判する声明を発表した[3]

2002年10月、渡航先のアフガニスタンにて体の不調を感じ急遽帰国。重度の肝臓ガンと診断され、ガンであることを公表したが、2ヶ月半の闘病後に死去。68歳没[1]。葬儀は同年12月30日に東京山手教会で行われた。

松井が死去した翌日(12月28日)、朝日新聞は「私の視点」コーナーに、松井の寄稿文「託す「夢」 女性の平和資料館建設を」を掲載し、その死を悼んだ。

松井の遺志を継ぐ「女たちの戦争と平和資料館」には、松井の蔵書を収めたコーナーがある。

やより賞[編集]

NPO法人「女たちの戦争と平和人権基金」が「愛と勇気に満ち溢れたジャーナリストであった松井やよりさんの遺志に連なる活動の一助となること」を目的として、2005年に設立した賞[4]。選考委員には中原道子池田恵理子竹信三恵子辛淑玉らが名を連ねている[5]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『女性解放とは何か』未來社、1975年
  • 『人民の沈黙』すずさわ書店、1980年
  • 『魂にふれるアジア』 朝日新聞社、1985年
  • 『女たちのアジア』岩波書店、1987年
  • 『アジア・女・民衆』新幹社、1988年
  • 『市民と援助』岩波書店、1990年
  • 『アジアに生きる子どもたち』労働旬報社、1991年
  • 『魂にふれるアジア』朝日新聞社、1992年
  • 『アジアの観光開発と日本』新幹社、1993年
  • 『日本を問うアジア』部落解放研究所、1994年
  • 『アジア・女性・子ども』NCCキリスト教アジア資料センター、1995年
  • 『女たちがつくるアジア』岩波書店、1996年
  • 『北京で燃えた女たち』岩波書店、1996年
  • 『アジアの女たち』旬報社、1998年
  • 『グローバル化と女性への暴力』インパクト出版会、2000年
  • 『若い記者たちへ 松井やよりの「遺言」』樹花舎、2003年
  • 『愛と怒り闘う勇気』岩波書店、2003年

共著・編著[編集]

  • 『日本の医療. 5』(朝日新聞社編)朝日新聞社、1973年
  • 『講座おんな. 2』(吉武輝子ほかとの共著)筑摩書房、1973年
  • 『新国際秩序と平和』(日本平和学会編集委員会編)早稲田大学出版部、1986年
  • 『アジアから来た出稼ぎ労働者たち』(内海愛子と共編)明石書店、1988年
  • 『NGO,ODA援助は誰のためか』(R.ルプレヒトと共編)明石書店、1992年
  • 『フェミニズムはだれのもの?』(共著)増進会出版社、1996年
  • 『日本のお父さんに会いたい』(編著)岩波書店、1998年
  • 『あしたを拓く女たち』(監修)アジア女性資料センター、1998年
  • 『地球をめぐる女たちの反戦の声』(編著)明石書店、2001年
  • 『女性国際戦犯法廷の全記録. 1』(編著)緑風出版、2002年
  • 『女性国際戦犯法廷の全記録. 2』(編著)緑風出版、2002年
  • 『20人の男たちと語る性と政治』(編著)御茶の水書房、2002年

脚注[編集]

  1. ^ a b c “松井やよりさん死去 「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク代表”. 共同通信社. 47NEWS. (2002年12月27日). http://www.47news.jp/CN/200212/CN2002122701000162.html 2012年11月11日閲覧。 
  2. ^ 何が常識だったのか―65年前の夏平山基生(沖縄・日本から米軍基地をなくす草の根運動運営委員長・共同代表)法学館憲法研究所
  3. ^ “米の軍事主義強化反対 東アジア、米らの女性たちが声明 ソウルで会見”. しんぶん赤旗. (2002年8月22日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-08-22/DB_1401.html 2010年3月15日閲覧。 
  4. ^ [1]
  5. ^ [2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]