平島崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平島 崇 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヒラジ
カタカナ ヒラジマ タカシ
ラテン文字 HIRAJIMA Takashi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1982年2月3日(32歳)
出身地 大阪府堺市
身長 176cm
体重 73kg
選手情報
ポジション DF(SB)
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2006
2007-2009
2008
2009
2010-2012
2013
アビスパ福岡
京都サンガF.C.
セレッソ大阪(loan)
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
AC長野パルセイロ
97 (4)
50 (0)
8 (0)
27 (0)
58 (2)
12 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

平島 崇(ひらじま たかし、1982年2月3日 - )は、大阪府堺市出身の元サッカー選手。ポジションはサイドバック

来歴[編集]

初芝橋本高校卒業後の2000年アビスパ福岡と契約し1年目からレギュラーとして出場する。U-19代表にも選ばれ、将来を嘱望されていた。

2004年12月12日柏レイソルとのJ1・J2入れ替え戦の第2戦を前に右足前十字靭帯断裂の重傷を負い、J1昇格を逃したばかりでなく2005年の前半戦を棒に振った。

2006年シーズン終了時に福岡から戦力外通告され、2007年はシーズン開幕直前に練習生として練習に参加していた京都サンガF.C.と契約した。 元来右サイドの選手であったが京都への移籍を機に左サイドバックに挑戦し、第8節からはスタメン出場を果たし、第11節ではアシストを記録している。

2008年、京都からセレッソ大阪期限付き移籍。翌2009年に完全移籍した。

2010年から京都時代の恩師である美濃部直彦が監督を務める徳島ヴォルティスに完全移籍。同年は右サイドバックのレギュラーを務め36試合に出場した。2012シーズン終了後、契約満了により徳島を退団[1]

2013年美濃部氏が新監督に就任したAC長野パルセイロに加入。シーズン終了後に来シーズンの契約を更新しないことが発表された[2]

2014年1月、現役引退が発表された[3]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1997 初芝橋本高 - - - - 1 0 1 0
1998 - - 2 1 2 1
1999 2 - - 2 1 2 1
2000 福岡 39 J1 23 2 4 0 2 0 29 2
2001 16 20 1 1 0 0 0 21 1
2003 32 J2 11 0 - 3 0 14 0
2004 19 36 1 - 1 0 37 1
2005 21 5 0 - 2 0 7 0
2006 24 J1 2 0 2 0 0 0 4 0
2007 京都 34 J2 38 0 - 0 0 38 0
2008 20 J1 12 0 4 0 - 16 0
C大阪 34 J2 8 0 - 1 0 9 0
2009 13 27 0 - 0 0 27 0
2010 徳島 25 36 2 - 2 0 38 2
2011 10 0 - 0 0 10 0
2012 5 12 0 - 1 0 13 0
2013 長野 16 JFL 12 1 - 0 0 12 1
通算 日本 J1 57 3 11 0 2 0 70 3
日本 J2 183 3 - 10 0 193 3
日本 JFL 12 1 - 0 0 12 1
日本 - - 5 2 5 2
総通算 252 7 11 0 17 2 280 9

その他の公式戦

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “契約満了選手についてのお知らせ” (プレスリリース), 徳島ヴォルティス, (2012年12月4日), http://www.vortis.jp/news/detail.php?pressid=4879 2012年12月4日閲覧。 
  2. ^ 契約満了選手のお知らせ①”. AC長野パルセイロ公式HP (2013年11月26日). 2013年11月26日閲覧。
  3. ^ 平島崇選手現役引退のお知らせ”. AC長野パルセイロ公式HP (2014年1月17日). 2014年1月17日閲覧。

関連項目[編集]