岸朝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岸 朝子(きし あさこ、女性、1923年11月22日 - )は東京都出身の料理記者、食生活ジャーナリストである。

略歴[編集]

女子栄養学園卒の友人がつくったロールサンドの味に魅了され料理に興味を持つ。府立第三高女(現・東京都立駒場高等学校)を経て、1942年女子栄養学園(現・女子栄養大学)卒業。東大農学部勤務後、21歳で見合い結婚し、1947年から夫婦で千葉県でカキの養殖業を手がける。その後、出産を経て、1953年に養殖業を廃業して東京へ移住。1955年主婦の友社へ入社し、4人の子どもを育てながら料理記者としてスタートを切る。

その後女子栄養大学出版部に移り、1968年から雑誌『栄養と料理』の編集長を10年間務める。この時期、食べ歩きや食器の楽しみ方など新しい企画を次々と出し『栄養と料理』の販売部数を倍にした。

料理記者時代に様々な料理人からの取材の結果から、料理のレシピで使われる大さじ・小さじなどの分量の規定を考案した

1979年編集プロダクションの株式会社エディターズを設立して独立。料理栄養に関する雑誌・書籍を多数出版

1993年から6年間、フジテレビ系列の人気番組『料理の鉄人』に審査員としてレギュラー出演。「料理記者歴40年」が肩書きだった。試食の際の「おいしゅうございます」という表現がブームとなる。同じく『料理の鉄人』でレギュラー審査員を務めた食物史家の平野雅章とは、主婦の友社時代の同僚である。

趣味は読書音楽鑑賞、旅行

家族・親族関係[編集]

父親は宮城新昌(みやぎ しんしょう)。沖縄県国頭郡大宜味村(くにがみぐん おおぎみそん)の出身で、日米でカキの養殖法の開発と普及に貢献し「日本の牡蛎王」の異名をとった人物。母親の“つる”は大宜味尋常小学校校長で教育者だった親泊朝擢(おやどまり ちょうたく)の娘で、琉球王国第二尚氏3代尚真王の長男(廃嫡)・尚維衡(しょう いこう、浦添王子朝満)の後裔にあたる。ちなみに、親泊朝擢の長男・親泊朝省(陸士37期・騎兵科首席)は、終戦時大本営報道部員で陸軍大佐、終戦直後の昭和20年9月3日(一説には前日2日)に妻と長女(10歳)・長男(5歳)と共に一家で自決。 夫である岸秋正陸士出身の職業軍人。 兄は昭和期に競馬評論家として活躍し、高額配当狙いの馬券攻略法として知られる『AB-XY方式』の発案者としてその名を残す宮城昌康。姉はウィンナーに切り込みを入れて食べやすくすることを日本で最初に考案して世の中に広め、また、たこさんウィンナーの考案者として有名な料理研究家の尚道子。尚道子の夫尚明は、住宅公団元副総裁でダイニングキッチンの考案者として知られる。

また、兄の宮城昌康の妻は大映所属であった映画女優若松和子。宮城と若松の間に生まれた娘(岸の姪)の夫が中央競馬騎手である中舘英二

主な著書[編集]

  • 『岸朝子のおいしゅうございますね。』(ベストセラーズ
  • 『だから人生って面白い』(大和書房
  • 『岸朝子の太鼓判』(平凡社
  • 『東京五つ星の手みやげ』(東京書籍
  • 『【続】東京五つ星の手みやげ』(東京書籍)など

出演[編集]

その他の出演[編集]

  • 料理の鉄人 KITCHEN STADIUM TOUR(博報堂マルチメディアエンターテイメンツ、セガサターン[1]

受賞歴[編集]

  • 1997年 食生活文化金賞(財団法人日本食生活文化財団)
  • 1998年 文化功労賞(沖縄県大宜味村)
  • 1999年 バッカス賞(オーストリア政府)
  • 2006年 農事功労賞シュヴァリエ(フランス政府)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 但し、内容はこれまで放送したデータベースソフトである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]