反社会性パーソナリティ障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
反社会性パーソナリティ障害
分類及び外部参照情報
ICD-10 F60.2
ICD-9 301.7
MedlinePlus 000921
MeSH D000987
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

反社会性パーソナリティ障害(はんしゃかいせいパーソナリティしょうがい、Antisocial Personality Disorder)とは、他者の権利や感情を無神経に軽視するパーソナリティ障害である。モラルが欠如しており、人に対しては不誠実で、欺瞞に満ちた言動をする傾向がある。

概要[編集]

自己愛性パーソナリティ障害の場合は、自分は優れているのだから人を使って当然だと考えて人を利用するが、それとは異なり、欲しいものを手に入れたり、自分が単に楽しむために行うのが特徴である。人を愛する能力や優しさは欠如している上、人の顔色を窺って、騙したりする傾向もある。

反社会性パーソナリティ障害の人は一種のトラブルメーカーに当たり、アルコール依存症薬物依存性的倒錯犯罪といった問題を起こしやすい傾向があるとされる。

事故等で脳に損傷を受けたことで反社会性パーソナリティ障害を発症する場合があるが、これは事故による前頭前皮質の機能不全で起こるものと推測される。

診断基準[編集]

DSM-IV-TRによる診断基準は下記の通り。『DSM-IV-TR 精神疾患の分類と診断の手引』(著者:American Psychiatric Association、翻訳:高橋三郎、大野裕、染矢俊幸、出版社:医学書院、ISBN 4260118862) より引用。

  1. 他人の権利を無視し侵害する広範な様式で、15歳以来起こり、以下のうち3つ(またはそれ以上)によって示される。
    1. 法にかなう行動という点で社会的規範に適合しないこと。これは逮捕の原因になる行為をくり返し行なうことで示される。
    2. 人をだます傾向。これは自分の利益や快楽のために嘘をつくこと、偽名を使うこと、または人をだますことをくり返すことによって示される。
    3. 衝動性、または将来の計画をたてられないこと。
    4. 易怒性および攻撃性、これは身体的なけんかまたは暴行をくり返すことによって示される。
    5. 自分または他人の安全を考えない向こう見ず。
    6. 一貫して無責任であること。これは仕事を安定して続けられない、または経済的な義務を果たさない、ということをくり返すことによって示される。
    7. 良心の呵責の欠如。これは他人を傷つけたり、いじめたり、または他人の物を盗んだりしたことに無関心であったり、それを正当化したりすることによって示される。
  2. 患者は少なくとも18歳以上である。
  3. 15歳以前発症の行為障害の論拠がある。
  4. 反社会的な行為が起きるのは、精神分裂病や躁病エピソードの経過中のみではない。

これらの症候、障害と識別すべき障害は他にもあるため、このパーソナリティ障害を診断するためには専門的な判断が必要不可欠である。

関連項目[編集]