依存性パーソナリティ障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
依存性パーソナリティ障害
分類及び外部参照情報
ICD-10 F60.7
ICD-9 301.6
MedlinePlus 000941
MeSH D003859
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

依存性パーソナリティ障害(いそんせいパーソナリティしょうがい、Dependent personality disorder,DPD)は、他者への心理的依存があるパーソナリティ障害である。

診断基準 (DSM-IV-TR)[編集]

DSM-IV-TRでは、依存性パーソナリティ障害を、「過剰に面倒をみてもらいたい(構ってもらいたい)欲求があり、まとわり付く行動を取り、分離することを恐れる」ことと定義する。また、依存性パーソナリティ障害と診断するいくつかの指針を示している。

  1. 他者からの過剰のアドバイスがなければ、物事を決定できない。
  2. 責任を負うために、他者を必要とする。
  3. 他者の賛同を失うことを恐れ、反対意見を述べることができない。(この恐怖は、現実的な評価を超えたものである)
  4. 自ら物事を開始することができない (これは自信の無さに起因する)
  5. 他人の保護を得るために、不愉快なことまでを行う。
  6. 自らを保護することができないという肥大化した恐怖により、精神不安または無力感を覚える。
  7. 他者との密接な関係が終わると、過剰に不安になり、保護を得られる新しい者を探しだす。
  8. 保護してもらえなくなるという非現実的な恐怖に囚われている。

DEPENDENT(依存)という言葉の頭文字を使い、依存性パーソナリティ障害の定義を覚えることができる。

  • D – Difficulty making everyday decisions
  • E – Excessive lengths to obtain nurturance and support from others
  • P – Preoccupied with fears of being left to take care of self
  • E – Exaggerated fears of being unable to care for himself or herself
  • N – Needs others to assume responsibility for his or her life
  • D – Difficulty expressing disagreement with others
  • E – End of a close relationship is the beginning of another relationship
  • N – Noticeable difficulties in initiating projects or doing things on his or her own
  • T – “Take care of me” is his or her motto

関連項目[編集]