パーソナルスペース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
密接距離

パーソナルスペース(英:personal-space)とは、他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリアとも呼ばれる。一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差がある。

一般に、親密な相手ほどパーソナルスペースは狭く(ある程度近付いても不快さを感じない)、逆に敵視している相手に対しては広い。相手によっては(ストーカー等)距離に関わらず視認できるだけで不快に感じるケースもある。

パーソナルスペースの分類[編集]

Diagram of Edward T. Hall's personal reaction bubbles(1966), showing radius in feet

1966年アメリカの文化人類学者のエドワード・ホールは、パーソナルスペースを4つのゾーンに大別し、それらをさらに近接相と遠方相の2つに分類した(Proxemics)。その空間については、概ね次のとおりである。

  • 密接距離…ごく親しい人に許される空間
近接相(0〜15cm)
抱きしめられる距離
遠方相(15〜45cm)
頭や腰、脚が簡単に触れ合うことはないが、手で相手に触れるくらいの距離
  • 個体距離…相手の表情が読み取れる空間
近接相(45〜75cm)
相手を捕まえられる距離
遠方相(75〜120cm)
両方が手を伸ばせば指先が触れあうことができる距離
  • 社会距離…相手に手は届きづらいが、容易に会話ができる空間
近接相(1.2〜2m)
知らない人同士が会話をしたり、商談をする場合に用いられる距離
遠方相(2〜3.5m)
公式な商談で用いられる距離
  • 公共距離…複数の相手が見渡せる空間
近接相(3.5〜7m)
2者の関係が個人的なものではなく、講演者と聴衆と言うような場合の距離
遠方相(7m以上)
一般人が社会的な要職にある人物と面会するような場合におかれる距離

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • エドワード・ホール『かくれた次元』日高敏隆・佐藤信行共訳、みすず書房、1970年

関連項目[編集]