強迫性パーソナリティ障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
強迫性パーソナリティ障害
分類及び外部参照情報
ICD-10 F60.5
ICD-9 301.4
MedlinePlus 000942
MeSH D003193
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

強迫性パーソナリティ障害(きょうはくせいパーソナリティしょうがい、: Obsessive–Compulsive Personality Disorder ; OCPD)は、秩序や一定の流儀へのこだわりが強過ぎるために、それを完璧にやり遂げようとして、かえって支障をきたす障害である。強迫行為強迫観念にとらわれる強迫性障害と合併することがあるが、強迫性パーソナリティ障害は特定の行為や観念に関するものでなく、さらに大きな行動のスタイルや価値観に関するものであり、異なる障害である[1]

DSMによる診断基準[編集]

秩序、完全主義、精神および対人関係の統一性にとらわれ、柔軟性、開放性、効率性が犠牲にされる広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。以下のうち4つ(またはそれ以上)によって示される。

  1. 活動の主要点が見失われるまでに、細目、規則、一覧表、順序、構成、または予定表にとらわれる。
  2. 課題の達成を妨げるような完全主義を示す(例:自分自身の過度に厳密な基準が満たされないという理由で、1つの計画を完成させることが出来ない)。
  3. 娯楽や友人関係を犠牲にしてまで仕事と生産性に過剰にのめり込む(明白な経済的な必要性では説明されない)。
  4. 道徳、倫理、または価値観についての事柄に、過度に誠実で良心的かつ融通がきかない(文化的または宗教的同一化では説明されない)。
  5. 感傷的な意味のない物の場合でも、使い古した、または価値のない物を捨てることが出来ない。
  6. 他人が自分のやるやり方どおりに従わない限り、仕事を任せることが出来ない、または一緒に仕事をすることが出来ない。
  7. 自分のためにも他人のためにも、けちなお金の使い方をする。お金は将来の破局に備えて貯えておくべきものと思っている。
  8. 堅苦しさと頑固さを示す[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岡田尊司 『パーソナリティ障害がわかる本 —「障害」を「個性」に変えるために』 法研、2006年5月。ISBN 9784879546258 p.184
  2. ^ 高橋三郎、大野裕、染矢俊幸(訳) 『DSM‐IV‐TR 精神疾患の診断・統計マニュアル 新訂版』 医学書院、2003年12月。ISBN 9784260118897

関連項目[編集]