上松宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木曾街道六拾九次 上松(歌川広重画)

上松宿(あげまつじゅく)は中山道38番目の宿場(→中山道六十九次)で、現在は長野県木曽郡上松町

十王橋から上町、本町、仲町、下町。古い町並みが残るのは上町。

特徴[編集]

天保14年(1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、上松宿の宿内家数は362軒、うち本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠35軒で宿内人口は2,482人であった。

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ[編集]

小野の滝(葛飾北斎画)
  • 十王橋(宿場北入口)
  • 本町一里塚跡(京へ65、江戸より72里)

須原宿までの史跡・みどころ

国の名勝木曽川花崗岩の岩盤を浸食してできた。浦島太郎の伝説が残る。
創業300年。国道19号沿いでは、そば屋を営業。「寿命そば」が名物
  • 民宿 たせや
  • 小野の滝
  • 荻原一里塚(京へ64里、江戸より73里)
  • 倉本一里塚(京へ63里、江戸より74里)

参考文献[編集]

隣の宿[編集]

中山道
福島宿 - 上松宿 - 須原宿