垂井宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
歌川広重「木曽街道六十九次・垂井」

垂井宿(たるいじゅく)は中山道57番目の宿場(→中山道六十九次)で、現在は岐阜県不破郡垂井町

西町・中町・東町の3町に分かれ、本陣は中町にあった。問屋場は3か所あった。毎月5と9の日に南宮神社鳥居付近で開かれた六斎市は大勢の人で賑わった。大垣・墨俣などを経由して東海道宮宿とを結ぶ脇往還美濃路との追分で、西美濃の交通の要衝であった。

概略[編集]

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ[編集]

  • 垂井追分道標(中山道・美濃路分岐点)
  • 東の見付跡
  • 旅篭亀丸屋(浪花講の指定旅館であった。現在も営業)
  • 垂井の泉(垂井の地名の由来となった泉)《画像
  • 南宮大社大鳥居
  • 油屋宇吉家(かつての商家・商人宿)
  • 本龍寺(山門は脇本陣から移築)
  • 八重垣神社
  • 西の見付跡
  • 竹中氏陣屋跡《画像
  • 青莪記念館
  • 金蓮寺(結城合戦の際に、足利安王丸・春王丸兄弟が殺害された)

関ヶ原宿までの史跡・みどころ

ゆかりの人々・主な通行[編集]

  • 松尾芭蕉 - 本龍寺に一冬、滞在した。
  • 赤報隊 - 1868年1月18日~21日、岩手に滞在。この間、竹中陣屋の明け渡し。北村与六郎他、約20名が加わる。
  • 東山道総督府 - 1868年1月29日滞陣

隣の宿[編集]

中山道
赤坂宿 - 垂井宿 - 関ヶ原宿
美濃路
大垣宿 - 垂井宿

座標: 北緯35度22分17.6秒 東経136度31分33.7秒 / 北緯35.371556度 東経136.526028度 / 35.371556; 136.526028