塩名田宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木曾街道六拾九次 塩名田(歌川広重画)

塩名田宿(しおなだしゅく)とは、中山道六十九次のうち江戸から数えて二十三番目の宿場

現在の長野県佐久市塩名田。暴れ川であった千曲川の東岸にあり、旅籠が10軒以下の小さな宿場にも拘らず、本陣脇本陣が合わせて3軒あった。も掛けられたが洪水の度に流失し、や徒歩で渡るのが専らであった。

特徴[編集]

天保14年(1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、塩名田宿の宿内家数は116軒、うち本陣2軒、脇本陣1軒、旅籠7軒で宿内人口は574人であった。

最寄り駅[編集]

  • JR長野新幹線・小海線 佐久平駅から車で15分

隣の宿[編集]

中山道
岩村田宿 - 塩名田宿 - 八幡宿

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度16分16.4秒 東経138度25分18.6秒 / 北緯36.271222度 東経138.421833度 / 36.271222; 138.421833