野尻宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木曾街道六拾九次 野尻(渓斎英泉
野尻宿の町並み

野尻宿(のじりじゅく)は中山道40番目の宿場(→中山道六十九次)で、現在は長野県木曽郡大桑村寛政3年(1791年)に大火に遭っている。宿場通りの長さは奈良井宿に次いでおり、「七曲り」と呼ばれ町筋が曲がりくねっているのが特徴。

特徴[編集]

天保14年(1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、野尻宿の宿内家数は108軒、うち本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠19軒で宿内人口は986人であった。

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ[編集]

  • 七曲り
  • 臨済宗妙覚寺 (マリア観音)
  • はずれ(宿場のはずれにあった旅籠の屋号)
  • 南無妙法蓮華経の碑(「いぼ石」)


三留野宿までの史跡・みどころ

  • 明治天皇中川原御膳水

参考文献[編集]

隣の宿[編集]

中山道
須原宿 - 野尻宿 - 三留野宿