ローリー級ドック型輸送揚陸艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローリー級ドック型輸送揚陸艦
USS Vancouver LPD-2
艦級概観
艦種 ドック型輸送揚陸艦
艦名 都市名。一番艦はノースカロライナ州ローリーに因む。
建造期間 1960年 - 1963年
就役期間 1962年 - 2005年
次級 オースティン級ドック型輸送揚陸艦
性能諸元
排水量 13,600 t
全長 159.1m
全幅 30.5m
吃水 6.7m
機関
最大速力 20 ノット
航続距離
乗員 士官、兵員490名
搭載兵員 930名
兵装

ローリー級ドック型輸送揚陸艦(ローリーきゅうドックがたゆそうようりくかん、Raleigh class amphibious transport dock)は、アメリカ海軍ドック型輸送揚陸艦。1962年から1964年にかけて竣工した。

概要[編集]

本級は初のドック型輸送揚陸艦であり、ドック型揚陸艦よりもドックの容積を減らし、そのスペースを貨物輸送用に用いるものである。艦分類記号もドック型揚陸艦・LSDよりドック型輸送揚陸艦・LPDとなっている。

1950年代に建造されたトーマストン級ドック型揚陸艦と比較して、大まかな外形は類似している。艦の前部に艦橋構造物があり、艦の後部のドク上にはヘリコプター甲板が設けられている。ヘリコプター甲板はトーマストン級より本格的なつくりとなったが、格納庫は無く、搭載機も無い。

また、艦内ドックの長さは半減し、そのスペースを車両搭載にあてている。艦中央部の舷側に各2ヶ所の車両搭載口が設けられた。搭載兵員数も約3倍となり、居住区画として上部構造物も拡大された。

「ローリー」と「バンクーバー」は1990年代に退役したが、「ラ・サール」は1970年代より指揮艦に改装され、2005年に退役した。

同型艦[編集]

参考文献[編集]

  • アメリカ揚陸艦史 世界の艦船 2007年1月号増刊 海人社 EAN 4910056040171

関連項目[編集]