タルボット・カウンティ級戦車揚陸艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タルボット・カウンティ級戦車揚陸艦
Tallahatchie County AVB-2 and USS Scorpion.jpg
艦級概観
種別 戦車揚陸艦(LST)
艦名 郡の名
建造者 {{{建造者}}}
運用者 {{{運用者}}}
建造期間 {{{建造期間}}}
就役期間 {{{就役期間}}}
同型艦 {{{同型艦}}}
前級 LST-1級戦車揚陸艦
次級 テレボーン・パリッシュ級戦車揚陸艦
主要諸元
排水量 基準:2,324トン
満載:6,000トン
全長 116 メートル (381 ft)
全幅 16.5メートル (54 ft)
吃水 4.39メートル (14.4 ft)
深さ {{{深さ}}}
機関 バブコック・アンド・ウィルコックス製ボイラー 2基
ウェスティングハウス蒸気タービン 2基
2軸推進
機関出力 6,000ps
電力 {{{電力}}}
速力 14 ノット (26 km/h)
燃料 {{{燃料}}}
航続距離
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 約181名 他に兵員約175名
搭載量 貨物500トン
装甲 {{{装甲}}}
兵装 Mk 30 5インチ単装砲 2門
ボフォース40mm連装機関砲 2基
エリコン20 mm 単装機関砲 2門
搭載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇
C4ISTAR {{{C4I}}}
レーダー {{{レーダー}}}
ソナー {{{ソナー}}}
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
特殊装備 {{{特殊装備}}}
その他 {{{その他}}}

タルボット・カウンティ級戦車揚陸艦(タルボット・カウンティきゅうせんしゃようりくかん Talbot County class tank landing ship)はアメリカ海軍戦車揚陸艦。同型艦は2隻。

概要[編集]

アメリカ海軍は第二次世界大戦中にLST-1級大量生産し、多くの上陸作戦に使用してきた。しかし、LST-1級は機関出力が1,800馬力と小さく、最大速力も11ノットと低速で、艦隊行動を行うには問題となる点があった。このため、戦車揚陸艦の速力向上が課題となり、タルボット・カウンティ級が設計された。

建造は、1945年7月から開始されている。機関はディーゼルエンジンから、6,000馬力の蒸気タービンへと変更になり、船体も一回り大型化された。機関出力増強により最大速力は14ノットに向上した。ビーチングのために、艦首扉を設けるなど艦首形状が航海に適したものとなっておらず、造波抵抗は大きい。主武装として5インチ単装砲を艦首と艦尾に装備しており、艦橋は艦の後部にある。

3隻が計画されたが2隻が1947年から1949年に就役したに留まっている。

同型艦[編集]

参考文献[編集]

  • アメリカ揚陸艦史 世界の艦船 2007年1月号増刊 海人社 EAN 4910056040171