オースティン級ドック型輸送揚陸艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オースティン級ドック型輸送揚陸艦
USS Ogden (LPD-5)
艦級概観
艦種 ドック型輸送揚陸艦
艦名 都市名。一番艦は一番艦はテキサス州オースティンに因む。
建造期間 1964年 - 1971年
就役期間 1967年 - 2007年
前級 ローリー級ドック型輸送揚陸艦
次級 クリーブランド級ドック型輸送揚陸艦
建造費 2億3,500万 - 4億1,9000万USドル
性能諸元
排水量 軽荷:9,201 t
満載:16,914 t
全長 171 m
全幅 25.2 m
吃水 6.7 m
機関 蒸気タービン(24,000hp 2基
推進器 2軸
速力 21ノット
航続距離
乗員 士官24名、下士官396名
兵装 Mk 33 3インチ連装砲
※後に撤去
2基
Mk 38 25mm単装機関銃 2基
ファランクスCIWS 2基
M2 12.7mm機銃 8基
輸送能力
搭載機 CH-46 6機
人員 海兵隊:930名

オースティン級ドック型輸送揚陸艦(オースティンきゅうドックがたゆそうようりくかん、Austin class amphibious transport dock)は、アメリカ海軍ドック型輸送揚陸艦

概要[編集]

本級はローリー級に次いで建造されたドック型輸送揚陸艦であり、いくつかの資料では次のクリーヴランド級、トレントン級を同一の艦級として分類している。ドック型揚陸艦よりも貨物輸送能力を重視し、艦尾のウェルドック部を縮小し貨物積載スペースを確保している。

本級はローリー級の大幅な拡大型であり、幅は変わらず、ドック部の大きさもおなじであるものの、全長は15m延長された。艦の概要は変わらず、前部に艦橋構造物があり、後部にはヘリコプター甲板がある。「オースティン」にはヘリコプターの格納庫はないが、「オグデン」と「ダルース」には、伸縮式の格納庫が設置された。

このほか、右舷に揚陸作業用クレーンを要している。新造時は艦橋前方に自衛用として3インチ連装砲2基を有していたが、後に撤去され、CIWSに更新された。

3隻とも2005年から2007年にかけて退役した。

同型艦[編集]

参考文献[編集]

  • アメリカ揚陸艦史 世界の艦船 2007年1月号増刊 海人社 EAN 4910056040171

外部リンク[編集]