オグデン (ドック型輸送揚陸艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オグデン (LPD-5)
艦歴
発注 1961年9月21日
起工 1963年2月4日
進水 1964年6月27日
就役 1965年6月19日
退役 2007年2月21日
その後
性能諸元
排水量 軽荷排水量:9,962トン
満載排水量:17,370トン
積載重量トン:7,408トン
全長 173.4 m (569 feet),
水線長167 m (548 feet)
全幅 32.9 m (108 feet),
水線長25.6 m (84 feet)
吃水 最大:6.7 m (22 feet) , 限界:7 m (23 feet)
乗員 士官100名、兵員1335名
速力 20ノット
最大輸送人員 930名
兵装 3インチ50口径連装砲4門
モットー Flexible Response

オグデン (USS Ogden ,LPD-5) はアメリカ海軍ドック型輸送揚陸艦オースティン級ドック型輸送揚陸艦の2番艦。カナダ人の探検家・毛皮商ピーター・オグデンに由来する地名をもつ、ユタ州の街オグデンにちなんで名付けられた。

艦歴[編集]

オグデンは1963年2月4日ニューヨーク海軍造船所にて起工された。1964年6月27日に進水し、1965年6月19日にニューヨークにおいて就役した。

ノーフォークでの習熟訓練の後、オグデンは1965年10月29日サンディエゴに到着した。太平洋艦隊と合流し、初期訓練を完了させるためである。就役1年目の年において、オグデンは1966年2月8日から4月4日、ならびに5月16日から7月7日の2回にわたって南ベトナムへ派遣された。海兵隊員とその装備をベトナム戦線に輸送し、帰投時は損傷した車両を修理のため持ち帰るのが任務だった。

2002年1月27日、オグデンは原子力潜水艦グリーンビル (USS Greeneville, SSN-772) と衝突して船体に損傷を受け、燃料タンクに約13×46センチほどの穴を1カ所開ける事故を起こした。

オグデンはイラク戦争の影響を受けて退役を延期されたが、2007年2月21日に退役した。その後リムパック演習(RIMPAC 2014)の実艦標的となり、対艦ミサイルハープーンナーヴァル・ストライク・ミサイル(NSM)によって撃沈された。

関連項目[編集]