メルセデス・ベンツ SLKクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メルセデス・ベンツ SLKクラス(エスエルケイクラス)は、ドイツの自動車メーカーダイムラー社がメルセデス・ベンツブランドで、1996年から生産・販売するクーペカブリオレタイプの乗用車である。

概要[編集]

Cクラスベースの2シーターライトウェイトオープンカーとして登場。1994年、量産化に先行して試作モデルが発表された。1996年の生産開始に当たっては、カルマン社が生産を請け負った。

上位のSLクラス(5代目)と同様、「バリオルーフ」を、メルセデスの車としては初めて搭載し、ルーフオープンの状態から作動時間28秒(2代目では短縮されて22秒)でクーペ仕様に変わる。トランク容量はオープン時145L、クローズ時348Lである。

なお、メルセデス・ベンツにはCLKクラスカブリオレが存在するが、こちらは電動式のソフトトップを採用する4シーターのオープンカーである。

またダイムラー・クライスラー時代にクライスラーブランドで販売したクロスファイアは、初代のプラットフォームを使用した派生車種である。

「CLK55 AMG」に代わり、2005年シーズンのF1セーフティカーとして採用された。

初代(1996年-2004年)R170[編集]

初代SLK200(欧州仕様)

日本では1997年に「SLK230 コンプレッサー」と「SLK230 AMG」の販売が始まった。しかしこの年のモデルは前年度からの予約注文が殺到し、年度分が早々と完売になったため、この年の注文分は翌年の1998年に納車というかたちになった。そのため一時は、ごく稀に出回った新古車がプレミアム価格で取引されていた。

2000年マイナーチェンジ。「SLK230 AMG」が消失し、CクラスEクラスと共通の3.2L V6エンジンを搭載する「SLK320」とAMGモデルの「SLK32 AMG」が新たに設定された。

また、「SLK320」をベースにAMG製のエアロパーツやアルミホイールを装着した「SLK320 スポーツライン」も用意された。

特徴・機構[編集]

  • 日本での価格は504-809万円(最終モデル)。マイナーチェンジ前では全車左右ハンドルの選択が可能、マイナーチェンジ後では「SLK230 コンプレッサー」が右ハンドルのみ、「SLK32 AMG」が左ハンドルのみ、「SLK320」「SLK320 スポーツライン」は左右ハンドルの選択が可能という展開であった。
  • サイズは3995x1715x1276(mm)、ホイールベースは2400(mm)。
  • ヨーロッパでは2.0Lの自然吸気エンジンやそのコンプレッサー仕様(ギリシャ、イタリア、ポルトガル向け)、2.3Lの自然吸気エンジンを搭載するモデルが存在した。
  • 「SLK230 AMG」は一応AMGモデルであるが、エアロパーツの装着などエクステリアのみの変更に留まっており、パワートレインにAMGの手が加えられていないモデルである。
  • 2004年に発売された特別仕様車。インチアップタイヤ・リアスポイラー・ナッパレザーシート・アルミコンソールパネル・専用フロントグリルなどの装備が施された。

主なモデル[編集]

グレード 製造期間 排気量 エンジン 最高出力・最大トルク 変速機 駆動方式
SLK32 AMG 2000年-2004年 3.2L V型6気筒SOHCスーパーチャージャー 353ps/45.9kg・m 5速AT FR
SLK320 V型6気筒SOHCエンジン 218ps/31.6kg・m
SLK320 スポーツライン 2000年-2004年 3.2L V型6気筒SOHC
SLK230 コンプレッサー 1997年-2004年 2.2L 直列4気筒DOHCスーパーチャージャー 193ps/28.6kg・m

後期型197ps/28.6kg・m

SLK230 AMG 1997年-2000年
SLK230 コンプレッサー スペシャルエディション 2004年

2代目(2004年-2011年)R171[編集]

2代目SLK200 コンプレッサー
2代目SLK350オープン時
SLK55 AMGのセーフティカー

2004年にモデルチェンジされ、2代目に移行した。エクステリアは、フロントエンドのデザインがSLRマクラーレンを連想させるものとなっている。サイズは4082x1788x1298(mm)。

日本では、当初先代では売れ筋であった直列4気筒エンジン搭載モデルの導入が見送られ、新世代の3.5L V6エンジン(272)を積む「SLK350」とAMGモデルの「SLK55 AMG」が販売されていた。価格は672~960万円。

「SLK55 AMG」は専用のフロントグリルやAMG製のエアロパーツ、強化ブレーキ、パドルシフト、スポーツサスペンションを装備している。

2005年8月、3.0L V6エンジン(272M30)を搭載する「SLK280」を追加(価格は615万円)。 同時に「SLK350」は722万円に、「SLK55 AMG」は1050万円に値上げされた。

グレード エンジン 排気量 最高出力・最大トルク 変速機 駆動方式
SLK55 AMG V型8気筒SOHC 5.4L 360ps/52.0kg・m 7速AT FR
SLK350 V型6気筒DOHC 3.5L 272ps/35.7kg・m
SLK280 3.0L 231ps/30.6kg・m

2006年2月、直列4気筒エンジン搭載モデルの「SLK200 コンプレッサー」を追加。価格は552万円。

2006年 「SLK55AMG」にブラックシリーズが追加。世界限定120台で、日本へは正式に輸入されていない。

「SLK55 AMG」にセーフティカーに準じた強化パーツを組み込んだ「パフォーマンスパッケージ」(受注生産)が用意される。また、「SLK280」「SLK200 コンプレッサー」には大型のアルミホイールやスポーツサスペンションを装着した「スポーツパッケージ」、「SLK350」にはAMG製のアルミホイール、パドルシフトが装着される「AMG スポーツパッケージ」が存在する。

2010年4月19日、「SLK200 コンプレッサー」をベースに、designoグラファイトの外板色と「AMG スタイリングパッケージ」、18インチ5トリプルスポークアルミホイール、シルバーペイントエアインテークフィンなどを装備した特別仕様車「SLK 200 コンプレッサー Grand Edition」を発売(限定20台)。120万円相当の特別装備を施しながら、ベース車の50万円高に抑えた。SLK280は2008年5月のマイナーチェンジより輸入停止となった。

グレード エンジン 排気量 最高出力・最大トルク 変速機 駆動方式
SLK55 AMG V型8気筒SOHC 5.4L 360ps/52.0kg・m 7速AT FR
SLK350 V型6気筒DOHC 3.5L 305ps/36.7kg・m
SLK280 3.0L 231ps/30.6kg・m
SLK200 コンプレッサー 直列4気筒DOHCエンジンスーパーチャージャー 1.8L 184ps/25.5kg・m 5速AT


3代目(2011年-)R172[編集]

メルセデス・ベンツ SLKクラス
R172型
3代目SLK250
2011-03-04 Autosalon Genf 1291.JPG
エンジン 271型 1,794cc 直4 DOHC ターボチャージャー
276型 3,498cc V6 DOHC
変速機 7速AT 7G-TRONIC PLUS
6速MT
駆動方式 後輪駆動(FR)
全長 4,134 mm
全幅 1,810 mm
全高 1,301 mm
ホイールベース 2,430 mm
車両重量 1,470-1,540kg
-自動車のスペック表-

2010年後半に約7年ぶりのフルモデルチェンジとして発表され、2011年の正式発売前の数カ月間、一部自動車雑誌向けにテスト車両が提供され正式発売に評価が掲載された[1]。“マジックスカイコントロール”などのいくつかの機能が2010年10月と11月に発表されるという異例の処置が取られた[2]。2011年1月、正式に発表された[3]。エクステリアにおいては、フロントエンドのデザインがSLS AMGを連想させるものとなっている。 2011年5月18日から日本での販売が始まり、まず「SLK 200 ブルーエフィシェンシー スポーツ」「SLK 200 ブルーエフィシェンシー」「SLK 350 ブルーエフィシェンシー」が導入された[4]

2011年9月のフランクフルトモーターショーで、最強モデル「SLK55 AMG」(172.745)と歴代SLK初となるディーゼル・エンジンモデル「SLK250 CDI BlueEFFICIENCY」(172.403)を発表[5]。 SLK250 CDI ブルーエフィシェンシーには、欧州向けの「Cクラス」や「Eクラス」でおなじみのOM611 2143cc直列4気筒ターボディーゼルが搭載され、最高出力204ps/ 最大トルク51kgmを発生する。ディーゼル特有の力強いトルクのおかげで、SLK250 CDI ブルーエフィシェンシーは、7速ATの7Gトロニックプラスとの組み合わせにより、0-100km/h加速6.7秒、最高速243km/hのパフォーマンスを発揮する。その一方、ディーゼルならではの高い環境性能を持つ。欧州複合モード燃費は20.41km/リットル、CO2排出量は128g/km。メルセデス・ベンツによると、スポーツカーでありながら、環境性能はサブコンパクトカーに匹敵するという。 SLK55 AMGには、5461cc V8 最高出力422psのエンジンにAMGスピードシフトプラス 7Gトロニックが組み合わされ、こちらの欧州複合モード燃費は11.90km/リットル、CO2排出量は195g/km。

2012年4月20日に3代目モデルの発売1周年を記念し、「SLK 200 ブルーエフィシェンシー スポーツ」をベースに、トランクリッドスポイラーリップや上級グレードの「SLK 350 ブルーエフィシェンシー」に採用されている17インチ10スポークアルミホイール、リアルタイムな道路状況に応じて常に最適なルートを案内するVICS3メディアを追加した特別仕様車「SLK 200 ブルーエフィシェンシー 1st アニバーサリーエディション」を発売。セットオプションとして、本革シート(ブラック・シートヒーター付)、エアスカーフ、エアガイド(アクリル製ピボット式ドラフトストップ)などをひとまとめにした「レザーパッケージ」を設定した。

2012年5月9日に日本市場において「SLK 55 AMG」が導入された[6]

2013年2月20日に2012年4月に発売した特別仕様車「SLK 200 ブルーエフィシェンシー 1st アニバーサリーエディション」が好評につき、「SLK 200 ブルーエフィシェンシー トレンド」に改名し、カタロググレードに昇格。併せて、坂道発進時の後退を防ぐヒルスタートアシストを装備した6速MT車「SLK 200 ブルーエフィシェンシー MT」を追加。日本市場におけるメルセデス・ベンツのMT車導入は21年ぶりとなった。いずれのグレードもより幅広いユーザーにスポーツカーの魅力を楽しんでいただけるように、これまでの既存グレードよりも安い490万円台の価格に設定されている。

同年8月7日に一部改良。「SLK 55 AMG」を除く全グレードで「ブルーエフィシェンシー」を省いたグレード名に改名するとともに、「SLK 200」・「SLK 350」は従来オプション設定だった「AMGスポーツパッケージ」を標準装備化、「SLK 200 スポーツ」はスポーツサスペンション、新デザインの18インチ5ツインスポークアルミホイール等を追加、「SLK 55 AMG」はオプション設定の「AMGハンドリングパッケージ」のホイール色をマットブラックペイントに変更した。

同年10月3日に、「SLK 200」をベースに、オプションで人気が高い「レーダーセーフティーパッケージ(BASプラス、ブラインドスポットアシスト、PRE-SAFEブレーキ、レーンキーピングアシスト、ディストロニック・プラスで構成)」や季節や天候に関係なく開放感を味わえる「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」をはじめ、パークトロニック(パーキングガイダンス機能付)、ソーラーレッドのアンビエントライト、自動防眩ルームミラー&運転席ドアミラー、レインセンサーを特別装備するとともに、ポーラーホワイトのボディカラーにベンガルレッドのナッパレザーシートを組み合わせ、スポーティーさを際立たせた特別仕様車「SLK 200 Radar Safety Edition」を発売。100台の限定販売である。

日本における現行グレード
※「SLK 55 AMG」以外のグレードは2013年8月にグレード名を改名
グレード 排気量 エンジン 最高出力・最大トルク 変速機 駆動方式 日本発売時期 価格
SLK 200 MT 1794cc 271型 直列4気筒DOHCターボチャージャー 184ps/270Nm 6MT FR 2013年2月 493万円
SLK 200 トレンド 7G-TRONIC PLUS 498万円
SLK 200 スポーツ 2011年5月 525万円
SLK 200 590万円
SLK 350 3498cc 276型 V型6気筒DOHC 306ps/370Nm 770万円
SLK 55 AMG 5461cc 152型 V型8気筒DOHC 422ps/540Nm 2012年5月 1,090万円

その他[編集]

  • 初代のR170モデルは、当時唯一の電動格納式ハードトップを搭載した車で価格も兄貴分にあたるR129 SLクラスの半値以下だったこともあって大いに売れ、その勢いはSLの売り上げをも脅かしたという。
  • バリオルーフの開発にあたって、メルセデスはホンダ・CR-Xデルソルを購入し、同車にオプションとして用意されていた“トランストップ”を徹底的に研究した。

脚注・出典[編集]

  1. ^ ''Auto Express'' October 2010”. Autoexpress.co.uk (2010年10月19日). 2011年1月12日閲覧。
  2. ^ Mercedes-Benz press release 29 October 2010”. Media.daimler.com (2010年10月29日). 2011年1月12日閲覧。
  3. ^ Auto Express 13 January 2011”. Autoexpress.co.uk. 2011年1月30日閲覧。
  4. ^ 新型「メルセデス・ベンツSLK」日本でもデビュー”. 2011年5月18日閲覧。
  5. ^ 【フランクフルトモーターショー11】メルセデスベンツ SLK に初のディーゼル”. 2011年9月16日閲覧。
  6. ^ メルセデス・ベンツ、SLKのハイパフォーマンスモデル「SLK 55 AMG」”. 2012年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]