マネーアイドルエクスチェンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マネーアイドルエクスチェンジャー』は、フェイスが制作したアクションパズルゲームである。1997年アーケードゲームで登場。家庭用ゲーム機携帯ゲーム機にも移植された。

作品により『マネーアイドル エクスチェンジャー』や『マネーアイドル・エクスチェンジャー』など、タイトルに複数の表記ゆれがある。英語版タイトルは「Money Puzzle Exchanger」。

ルール[編集]

基本ルール[編集]

  • 日本硬貨をモデルにしたブロック(以下コイン)、ならびに特殊ブロックを操作する。
    • コインには1円玉・5円玉・10円玉・50円玉・100玉・500円玉の6種類があり、特殊ブロックにはER(青色の玉、Eraseの略)・RU(緑色の玉、RankUpの略)と言う2種類のブロックが存在する。
  • フィールドは横7マス×縦12マスの格子で構成される(GB版のみ横7マス×縦9マス)。
  • 格子の1マスにつき1枚のコインを置くことができる。
  • フィールドの一番下には「ちびキャラ」という、コインを「取る」・「投げる」キャラクターがいる。プレイヤーはこのちびキャラを左右に動かしてコインを操作する。
  • 一定時間ごとに、フィールドの上方から横一列分のコインが迫り出してくる。また、手動で迫り出させることもできる(操作方法参照)。
  • プレイヤーはフィールド下のちびキャラに、ちびキャラと同じ縦の列にある対象のコインを「取る」ことで、そのコインを持たせることができる。「取る」コインのすぐ上に、同じ種類のコインがある場合はそのコインもまとめて取ることになる(同じ種類のコインならば何個でも「取る」ことができる)。
  • ちびキャラが持っているコインは、「投げる」ことでフィールド上に戻すことができる。
  • コインを「投げた」際に、1円玉・10円玉・100円玉ならば5つ以上、5円玉・50円玉ならば2つ以上くっついていれば、それらは次のランクのコイン1枚に変化する。500円玉や特殊ブロックは2つ以上くっつくと消滅する。このような変化・消滅を行うと得点になる(特殊ブロック除く)。
    • 例1 - 1円玉が5枚以上くっつく→5円玉一枚に
    • 例2 - 500円玉が2枚以上くっつく→コイン消滅
  • 特殊ブロックが消滅すると、それらのすぐ上にある種類のコインに変化をもたらす。ERであれば、ERが消えた際にすぐ上にあった種類のコインがフィールド上から全て消える。RUであれば、すぐ上にあった種類のコインが一段階ランクアップする(RUの上に1円玉があった場合、フィールド上全ての1円玉が5円玉に変化する)。
  • コインが消滅すると、その下側に別のコインがある場合は上の方向にシフトする。このときに、消滅・変化する状態になった際には上の項目と同じようにそれらのコインが変化・消滅する。このとき「連鎖」が発生し、通常より高い得点がもらえる。
  • コインが変化・消滅している間に、別のコインを変化・消滅する状態にしても連鎖が成立する(『マジカルドロップ』で言う「後付け連鎖」)。
  • コインがフィールドの最下段を超えて迫り出した、あるいは手動でコインを最下段より下にはみ出して置いてしまった場合はゲームオーバーとなる。ただし、コインや特殊ブロックが変化・消滅している最中、もしくは、はみ出して置くことによって変化・消滅するコイン・特殊ブロックがある状態ならば、ゲームオーバーにならない。

対戦時のルール[編集]

  • 対戦形式の場合、コインを消した連鎖数に応じた量のコインが相手のフィールドに迫り出てくる。
  • 負けの条件は基本ルールのゲームオーバーの条件と同じである。
  • 対戦している両者が全く同時に負けの条件を満たした場合は、DRAWとなり両者の勝ちになる。ただしCPU戦の最終ラウンドでDRAWとなった場合には、CPU側の勝ちが優先され次のステージに進むことは出来ない。

操作方法[編集]

MVS版の操作方法は以下の通りである。
ちびキャラの左右への移動 : レバーを左右に動かす
コインを取る : Aボタン
コインを投げる : Bボタン
コインを横一列分引き出す : レバーを下に2回入れる

登場キャラクター[編集]

主人公[編集]

三越さくら(変身後はエクスチェンジャー)
- 丹下桜
17歳 / 身長158cm / 体重46kg / 血液型AB / 好きなもの:貯金、残高照会 / 嫌いなもの:労働、返済 / 趣味:貯金
如月女子高等学校普通科2年の女子高生。サクラ銀行の会長を父に持つお嬢様。明るく可愛らしい女の子だが、一方で守銭奴であり非常にお金にうるさい貯金マニア。ブンドルフィンという脳内麻薬を分泌できる能力を持ち、それによって両替戦士エクスチェンジャーに変身する。決め台詞は「今日もどこかで給与明細!明日を夢見て残高照会!人を憎んで、金を憎まず!両替戦士エクスチェンジャー、ここに降臨!」
高島あさひ(デットマイザー)
声 - 野上ゆかな
17歳 / 身長156cm / 体重44kg / 好きなもの:犬、猫、小鳥 / 嫌いなもの:自分の性格 / 趣味:借金融資
三越さくらとはクラスメイトで友人関係。弱小銀行であるアサヒ銀行の会長を父に持つ。内向的で地味な性格だが、心の優しい夢見る少女。しかしその人の良さゆえに、さくらにお金を貸しては踏み倒されている。総額123万4000円。その秘めたる怒りが脳内麻薬コソドルフィンを分泌させ、借金戦士デットマイザーに変身する。

マニー教団のメンバー[編集]

ビル=バンク(コケティバウンサー)
声 - 阪口大助
バンク・コンツェルン総雑務長。なぜか犬の着ぐるみを着ている。姉であるノートにこき使われている。
ルルーラ=フラン(チェリーバイター)
声 - 豊嶋真千子
16歳 / 身長153cm / 体重40kg / 血液型B / 好きなもの:ぬいぐるみ全般 / 嫌いなもの:ニンジン、ピーマン、セロリ / 趣味:人をだますこと
如月女子高等学校普通科1年の女子高生。演劇部所属。ぬいぐるみが大好き。屈託無い純粋な少女に見えるが、人を騙したりするのが大好きという暗黒面をもつ。マニー教団のトイショップ「マニザラス」を支配している。「皆勤!」の一言で皆勤怪人チェリーバイターに変身できる。
嵐崎円(エヴリワーカー)
声 - 笠原留美
18歳 / 身長169cm / 体重52kg / 血液型O / 好きなもの:稽古、労働の汗 / 嫌いなもの:軟弱、手抜き
如月女子高等学校普通科3年の女子高生。勤労やスポーツが大好きな熱血少女。マニー教団のコンビニエンスストア「マニーマート」の総支配者(だがアルバイトをしている)。金持ちなのに貯金マニアである三越さくらに活を入れたい様子である。「常勤!」で常勤怪人エヴリワーカーに変身する。決め台詞は「24時間労働をなめんなよ!」。
セシル=ポンド(エルディレイバー)
声 - 桑島法子
17歳 / 身長161cm / 体重48kg / 血液型A / 好きなもの:あらゆる問題の解決 / 嫌いなもの:非常識、ムチ、無軌道 / 趣味:インターネット散策
如月女子高等学校普通科2年の女子高生。勉強好きで地味な女の子だが、変身するとなかなか派手で高飛車。しかし、実際はいまいち自分に自信が無いらしい。マニー教団のゲーセン「ハイテク・マニ」を支配。ここでは紙幣でしかゲームができない。「精勤!」のキーワードでエルディレイバーに変身するマニー教壇の参謀。決め台詞は「そう、私が天才よ」。
ノート=バンク(マイトディーラー)
声 - 永島由子
20歳 / 身長175cm / 体重55kg / 好きなもの:宝石 / 嫌いなもの:部下の失敗報告 / 趣味:おしゃれ
バンク・コンツェルン総帥。その正体は世界中の硬貨全滅をたくらむ悪のマニー教団の女王、マイトディーラー。20歳と言う年齢の割に老けており、それを指摘されると逆上する。坂田ビリィバーヴに惚れている。

その他[編集]

坂田ビリィバーヴ(変身後はマッカーモーカリー)
声 - 石川英郎
如月女子高等学校教諭。さくらとは親戚関係。マッカーモーカリーは関西弁を話す正義のヒーローであり、エクスチェンジャー達の実力をチェックしに来る。「坂田先生が変な趣味に走った!」と勘違いした高島あさひに殴られた。
はにわ
「一人で練習」モードにのみ登場する隠しキャラクター。フェイスが過去に製作したゲーム、『はにいいんざすかい』の自機

各機種版と販売元[編集]

なお、セガサターン版の発売予定もあったが、中止された。

メディアミックス[編集]

本作は複数のメディアミックスが行われている。いずれもゲーム版がベースだが、一部の設定が変更されていることもある。

CDドラマ[編集]

キャストの一部がゲームから変更になっている(ビル・バンクが阪口大助から野田順子)。またCDドラマのオリジナルキャラクター、ノート=バンクの執事・ウォンが登場している(声 - 林延年(現・神奈延年))。

小説[編集]

漫画[編集]

単行本は角川コミックス・ドラゴンJr.より発売。全2巻。

  1. 1998年7月初版 ISBN 4047121592
  2. 1998年7月初版 ISBN 4047121630

この作品は、主人公の三越さくらの父親がタクシー運転手であるなど、原作や小説版とは大きく設定が異なっている。

著作権・版権[編集]

著作権侵害訴訟について
このゲームは、両替落ち物ゲーム『もうぢや』(富士通パソコンシステムズ)と打ち上げ型アクションパズルゲーム『マジカルドロップ』(データイースト)を足し合わせたようなシステムになっている。そのため「マジカルもうじゃ」や「もうじゃドロップ」などと揶揄されることがある。『マジカルドロップ』の版権元のデータイーストは、これを著作権侵害であるとしてフェイスを提訴。しかし、その直後にフェイスは倒産してしまった。
その後、2003年6月には原告のデータイーストも倒産した。両社共に清算された事により、訴訟も雲散霧消状態となり、現在では過去の事になっている様である。
さらに2004年4月に富士通パソコンシステムズも富士通プライムソフトテクノロジに吸収合併され法人消滅した。
版権・販売元の状況
2000年3月23日にアテナからPS版『マネーアイドル エクスチェンジャー』の廉価版が販売された(前述の訴訟はこの時点で既に反故にされていた模様)。
2008年のゲームアーカイブス配信時の著作権クレジットでは、当時「フェイス社のゲームソフト全般の版権」を有していた株式会社エクセルが、アテナと併記された。
2009年5月、株式会社ソフトサイン(Softsign)がフェイス社ゲームタイトルの家庭用ゲーム機、PC、携帯電話等プラットフォームにおける、開発・出版権利をエクセルから獲得。今後は本作を初めとする「フェイス」のゲームを様々な機種へ移植していく意向を示した[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]