ビクトル・マルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビクトル・マルテ
Víctor Marte
フリーエージェント(FA)
HC-Victor-Marte.jpg
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 プエルト・プラタ州プエルト・プラタ
生年月日 1980年11月8日(33歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
265 lb =約120.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 アマチュア・フリーエージェントとしてカンザスシティ・ロイヤルズと契約
初出場 NPB / 2006年8月16日 中日ドラゴンズ
MLB / 2009年9月6日 ロサンゼルス・エンゼルス
最終出場 NPB / 2008年6月7日 オリックス・バファローズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ビクトル・マルテVíctor Manuel Marte , 1980年11月8日 - )は、ドミニカ共和国プエルト・プラタ出身のプロ野球選手投手)。[1]

経歴[編集]

ホセ・デュオ高校卒業後、米大リーグのカンザスシティ・ロイヤルズアカデミー、2003年カープアカデミーを経て、2006年2月23日広島東洋カープエスターリン・フランコと入れ替わる形で支配下登録契約される。

オープン戦から期待されていながら2軍生活が続いたが、ウエスタン・リーグで1勝1敗10セーブ防御率2.45と結果を出して1軍昇格。2006年8月16日中日ドラゴンズ戦で初登板し、2イニングをパーフェクトに抑えた。

2008年シーズンは、2軍で13セーブを上げウエスタン最多セーブを獲得する活躍を見せたが、外国人枠の兼ね合いもあり1軍ではほとんど出番がなく、10月11日に戦力外通告を受け退団した。

2009年からはカンザスシティ・ロイヤルズでプレーし、同年9月6日にはメジャー初登板を果たした。

2011年セントルイス・カージナルスに移籍した。 2013年10月3日カージナルスを戦力外となった。

プレースタイル・人物[編集]

最速158km/hの重いストレートスライダーチェンジアップナックルが売りの投球スタイル。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 広島 12 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 47 11.1 5 1 6 0 1 5 3 0 7 2 1.59 0.97
2007 17 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 91 17.1 28 2 10 0 2 13 1 0 16 16 8.31 2.19
2008 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 10 2.0 4 0 1 0 0 2 1 0 3 3 13.50 2.50
2009 KC 8 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 58 12.0 13 2 12 1 0 7 1 0 12 11 8.25 2.08
2010 22 0 0 0 0 3 0 0 1 1.000 137 27.2 38 8 15 1 2 19 1 0 30 30 9.76 1.92
2012 STL 48 0 0 0 0 3 2 0 9 .600 185 40.1 51 6 14 2 2 36 1 0 22 22 4.91 1.61
2013 4 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 17 3.0 4 0 3 1 1 2 0 0 2 2 6.00 2.33
NPB:3年 30 0 0 0 0 0 2 0 3 .000 148 30.2 37 3 17 0 3 20 5 0 26 21 6.16 1.76
MLB:4年 82 0 0 0 0 6 3 0 10 .667 397 83.0 406 16 44 5 5 64 3 0 66 65 7.05 1.81
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 93 (2006年 - 2008年)
  • 47 (2009年 - 2010年)
  • 66 (2012年 - 2013年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Una cifra histórica; Víctor Marte es el pelotero 500 de RD en debutar las Grandes Ligas "El lanzador Víctor Marte se convirtió el domingo en el jugador 500 de RD en debutar en las Grandes Ligas. Marte, quien tiró los tres años anteriores en Japón, y que estuvo suspendido por cuatro años por las Grandes Ligas, hizo su debut ."

外部リンク[編集]