タッカー・トーピード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1948タッカー・セダン
(タッカー・トーピード)
ブラックホーク博物館Blackhawk Museum)所蔵のタッカー・トーピード
1948 Tucker Sedan at the Blackhawk Museum.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 1947年-1948年
デザイン Alex Tremulis
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン 334.1ci (約5.5LF6 OHV
駆動方式 リアエンジンリアドライブ(RR)
サスペンション 4輪独立懸架
全長 219 (約5,560mm
全幅 79″(約2,010mm)
全高 60″(約1,520mm)
ホイールベース 128″(約3,250mm)
車両重量 4,200lb(約1,900kg
総生産台数 51台
-自動車のスペック表-

タッカー・トーピード(「タッカー車」等とも)は、プレストン・トマス・タッカーによる自動車メーカー、タッカー社が生産した自動車

概要[編集]

創設者であるプレストン・トマス・タッカーが考案し、1946年にシカゴで生産された。特に安全性に関しては、操舵方向を照らすライトなどの新奇的な装備がよく取り沙汰されるが、むしろシートベルトなど生存率を高めることが科学的には確認されたのに、当時の他社が等閑にしていた機構を積極的に取り入れた点が大きい。大量生産による大衆車にしようとしたが、様々な事情で1948年までに完成した51台しか生産されなかった(フレームとボディは一説には58台ぶん作られたともされている。1台目は原型車として製造された。2台目から51台目までの50台が生産・最終的には完成され、52台目は半完成のまま残された)。

1988年の映画『タッカー』はこの車とタッカーその人を描いたもので(原題「Tucker: The Man and His Dream」の "Dream" は車を指しているともとれる)、47台現存していた実車がスクリーンに登場している。

呼称について[編集]

最初にイメージイラストをメディアに露出した際のタイトル "Torpedo on Wheels" から「トーピード」(魚雷)とも呼ばれるが、タッカー本人は、戦後という時代背景において戦争を思い出させるような名前を避け、以後トーピードの名は使っていない。

特徴的な装備[編集]

当時において、以下のような装備が画期的であった。

  • 後部へのエンジンマウント(リアエンジン
  • ディスクブレーキ(ブレーキ力の向上)
  • ティングース・ノーズ(空力学の採用)
  • スリー・ボックス・シート(安全性の向上)
  • サイクロプス・ライト(一つ目の巨人・キュクロープスに由来する名称。中央に3つめのライトがあり、ハンドルと連動して進行方向を照らす。AFSのはしり)
  • シートベルトの採用(人間の体を守る)
  • フロントのクラッシャブル性(衝撃の緩和)
  • フロントシート前の待避エリア(衝突の際同乗者を守る)
  • 埋め込み式内部ドアハンドル(ケガ防止)
  • 脱落式ミラー(同上)
  • フロント・スクリーン・ガラスの前方脱落(車が激突して乗員が衝突した場合を想定し、内側から強い力がかかると外へ外れる)

日野自動車でエンジン屋であった鈴木孝は、この車を『「未来の車」と称した野心は一目に値する』としながらも、自身のコンテッサ1300のエンジンルーム設計の際に、うかつにこの車を知っていて真似していたら失敗を誘ったかもしれない、と評している。自身のコンテッサでの経験から見た問題の起きそうな点として、フロントエンジンと比してリアエンジンにおけるエンジンルーム内の埃の多さに対する対策、後方から吸入して下部に抜けさせ、循環が起きないよう冷却風の流れを制御するという配慮のなさ、を挙げている。

さらに、「盛り過ぎ」という点で、折角のアルミが使われた空冷エンジンを、腐食対策された冷却液などまだない時代に水冷化という1点をとってみても無理があった、としている(水冷化による重量増加はRR車の特性にも良くない)。しかし、以上のように冷却に無理があると思えるものの、オーバーヒートの記録はない、という点も指摘しており、設計の余裕のためか、としている。[1]

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木孝『エンジンのロマン』プレジデント社 1988年出版、タッカー車については pp. 156~162、コンテッサ1300については pp. 140~155
  2. ^ スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐DVD、音声解説より